> 特集【スマイルナース】>社会医療法人財団 慈泉会 相澤病院

ナース専科 就職ナビ 編集部 PICKUP HOSPITALS

伊藤珠香さん、中村由茉さん

退院した患者さんの笑顔をチカラに
急性期看護のスキルを学ぶ日々

good SMILE

社会医療法人財団 慈泉会
相澤病院 (長野県)

滝本紗也さん・左

高山美咲さん・右

救急病棟・通称/2C病棟、HCU

先輩や多職種の職員に教わりながら、看護師として成長できる環境

「分からないことは、すぐに先輩に質問・相談できます」と滝本さん。

「分からないことは、すぐに先輩に質問・相談できます」と滝本さん。

高山「当院の教育制度【Ai-ness】は、一人の新人に複数の教育担当者が教える制度なので、病棟全体で“見てくれている”という安心感があります。先輩が忙しいときでも、質問すればしっかり答えてくれるので助かっています」
滝本「Ai-nessでは教育担当の先輩が昨日と今日で違うことが多いです。昨日まで“何を・どこまで”教わっていたか、勤務スタートの時に伝えています。看護観や患者さんとの関わり方など、一人ひとり考え方が違うので、多くの先輩のお手本に触れられるのが良いですね。ちょっとずつですが、看護師として成長している実感があります」
高山「先輩からはもちろんですが、リハビリスタッフや管理栄養士さんなど、多職種の先輩から教わることも多いですね。呼吸療法を行うときやADLを保つために、リハビリスタッフに介入してもらい、より安全に患者さんがレベルアップできるように一緒に考えています」

同期と支えあいながら仕事を覚え、患者さんとのふれあいから看護の喜びを知る

「幅広い技術を学べる救急病棟へ配属されて良かった」と高山さん。

「幅広い技術を学べる救急病棟へ配属されて良かった」と高山さん。

高山「当院の良いところは、院内研修がたくさん用意されていて、OJTで学びきれなかった知識を研修で復習できるところです。集合研修も多くて、同期と交流出来るのも良いですね」
滝本「教育制度がしっかりしていて、その分、学びのスピードは早いですね。病院が、同期の“つながり”を大事にしてくれていて、同期が集まる集合研修が定期的にあり、助け合いながら成長できます」
高山「今日すごくうれしいことがありました。比較的長い間HCUで担当していて、一般病棟に移った患者さんが、見違えるほど元気になって“明日退院します”と救急へあいさつに来てくれました。患者さんやご家族の笑顔を見ると“また頑張ろう!”という気持ちになります」
滝本「私も少し前に、HCUを出て元気になった患者さんが、車いすに乗って退院したのを見て、“看護師になって良かった”とやりがいを実感しました。もっと成長できるように、お互い頑張りましょう!」

PHOTO GALLERY  フォトギャラリー

病院の資料を請求する 病院の説明会に参加する

PAGE TOP