> 特集【スマイルナース】>君津中央病院

ナース専科 就職ナビ 編集部 PICKUP HOSPITALS

佐藤晃子さん

生命と向き合う現場では
スムーズな治療介助だけでなく
患者さんに寄り添う心が大切

good smile

君津中央病院(千葉県)

佐藤晃子さん(HCU、救急外来)

1分1秒を争う限られた時間のなかで迅速に行動

患者様が家族とともに帰っていく時が、この仕事を誇りに思う瞬間

患者さんを受け入れる最先端の現場で働くことで、さまざまな疾患に対する知識や技術を習得できる。

 学生時代から、関東圏でドクターヘリを有する急性期病院への就職を希望していました。救命救急を目指した理由は、兄を心臓疾患で亡くしたとき、病院のスタッフが必死に治療を行ってくれたからです。一つの命に向き合う現場で働きたいという思いが強まりました。病院見学の際、忙しい現場でも学生の質問に丁寧に答えてくれたことと、スタッフが明るい雰囲気であることが入職の決め手となりました。
 現在は、HCU病棟と救急外来に勤務。病棟では血圧測定や検温などの日常的ケア、検査出しなどを行っています。救急外来では、救急隊から患者さんの情報を収集し、状態を予測して物品を準備、搬送後は処置や医師の治療介助。常に迅速な行動と判断力が求められます。患者さんの疾患も年齢層も多様なため、幅広い知識と技術も必要です。入職直後は覚えることが多く、悩んだこともありましたが、先輩や師長からのアドバイスで乗り越えることができました。

幅広い知識と技術を身につけ、将来はフライトナースが目標

フライトナース、係長、認定看護師。長く勤め、目標を達成できる病院

病棟では医師との垣根もなく、チームワークよくアットホームな雰囲気があることも魅力。

 病棟では、限られた時間でも可能な限り患者さんに寄り添うことを心がけています。以前腹痛があり薬剤を使用できない患者さんを受け持ち、患部を温める処置を行いました。翌朝、「よく眠れた。ありがとう」の言葉を受けたときは、看護師になってよかったと感じました。
 救急外来は治療が優先されがちな現場ですが、だからこそ患者さんのプライバシーを守ることや、精神面を考慮した家族ケアの大切さを実感しています。スムーズな介助に加え、検査時間や内容の説明を行って患者さんやご家族の不安を軽減し、その気持ちに寄り添うことを心がけています。
 4年目となり病棟でのリーダー業務の仕事も増えてきました。ケアだけでなく、病棟全体を把握することも求められます。まだまだ知識や技術不足を感じていますが、将来はフライトナースとして活動することが目標です。先輩から学ぶことは多く、日々の積み重ねが大事であることを感じています。

PHOTO GALLERY  フォトギャラリー

病院の資料を請求する 病院の説明会に参加する

 

PAGE TOP