> 特集【ナースマン】>東京西徳州会病院

第一線で活躍! 頼れる存在 特集 ナースマンが行く!男性看護師の皆さんに、看護師を目指したきっかけや仕事のやりがい、悩み、職場環境について伺いました!

東京西徳洲会病院菅原 隆広さん

医師と連携しながら新しい看護に取り組む

毎日やりがいを感じられ、成長できる環境です。

毎日やりがいを感じられ、成長できる環境です。

高校生の時、野球の練習中にケガをして入院しました。その時に対応してくれた看護師の方が、とても楽しそうに仕事をされているのを見て面白そうな仕事だな、と思いこの道に進みました。
実際に看護師になると、ICUでは医師とは別の視点で患者さんの病気や症状を診て、これから起こりうることを想定しながら看護をしなければいけませんから、勉強することが非常に多く驚きました。ですが、私が所属しているICUは、医師が私たち看護師の話をよく聞いて、意見を取り入れてくれます。だからもっと勉強して知識をつけたいと思いますし、やりがいもあり、働きやすい環境ですね。そうして得た知識が、現場に生かせる環境にあるのはとても幸せなことです。
最近では、人工呼吸器をつけた患者さんにも日常生活に近い状態で生活をしてもらい、リハビリができるだけ進むよう力を入れていこうと、医師と相談しながら新しい取り組みを実践しています。

少しでもICUに興味があれば一緒に働きましょう!

少しでもICUに興味があれば一緒に働きましょう!

東京西徳州会病院では、看護師のスキルアップをサポートしてくれます。私も昨年、認定看護師の学校に通わせてもらいました。これから先は、学校で学んだことを現場に落とし込んでいきたいですね。勤務の面も含めて病院がバックアップしてくれるので、「こういう看護の道に進みたい」というビジョンがある人には本当に働きやすい環境です。
また看護師に男性が多く、年に3、4回は『男密会(だんみつかい)』を開き、飲みに行ったりしています。
忙しい環境ではありますが、ICUでも男蜜会でも、職員どうしの関係が和気あいあいとしているのでリフレッシュできます。
将来はただ機械的に看護を行うのではなく、人間味がありながら締めるところは締められる、私がこの道に進むきっかけをくれた看護師のようになりたいと思っています。
ここには、ICU未経験からはじめた看護師が今も6、7人います。教えることには力を惜しみませんし、現場を医師と一緒に作り上げる、とてもやりがいのある環境です。少しでもICUに興味があれば、ぜひうちのICUで一緒に働きましょう!

TODAY’S NURSE MAN TODAY’S NURSE MAN

菅原 隆広さん ICU所属 入職6年目

  • 病院の詳細を見る
  • 資料を請求する
  • 説明会へ行く

▲このページの先頭へ戻る