> 特集【ナースマン】>河北総合病院

第一線で活躍! 頼れる存在 特集 ナースマンが行く!男性看護師の皆さんに、看護師を目指したきっかけや仕事のやりがい、悩み、職場環境について伺いました!

河北総合病院野崎 亮祐さん

親身に相談を聞いてくれる先輩方に囲まれ、
刺激を受けて成長できる環境です

ICUに配属は驚いたけれど・・・

ICUに配属は驚いたけれど・・・

当院でアルバイトをしていた時や実習で、親身な先輩看護師の方々が、相談しやすい環境を作ってくれていたのが、入職を決めた理由です。また男性看護師も多いので、学生の時と同様に、環境的にも違和感はありませんでした。
現在はICUに配属されていますが、実は希望したものではありません。研修期間も2カ月あり、準備段階で自信がついたものの、配属先を聞いてとても驚いたのを覚えています。最初は重症患者を前にして何もわからず、困惑することもありました。ICUでは一人の患者様を集中して見られるので、次第に病態への理解も深まってやりがいを感じ、学ぶことが楽しくなりました。
精神的に疲れることもありますが、休みの希望も比較的通りやすく、ON・OFFがついてしっかりリフレッシュできています。とても盛り上がる忘年会も、その一環です!

スキルアップしたくなる病院です

スキルアップしたくなる病院です

学生の時には、看護のスキルアップは特に考えていませんでした。入職後には、看護師として働いていく中で自分の心境が変わり、他にも様々なことを学びたいと思うようになりました。例えば、社会や経済のこと、そして英語です。特に新しい論文は英語で書かれたものが多いので、英語を学びたいと思うようになりました。
現在では基礎をつんだ後に、認定や専門看護師の資格を取得したいとも思っています。このようにスキルアップを考えられるようになったのは、刺激をくれる先輩方や、総合病院である当院で、様々な患者様と関われる環境のおかげです。
また、地域に密着した病院なので、地域の行事に取り組みながら住民の方々と関わることも刺激になり、成長につながっています。

TODAY’S NURSE MAN TODAY’S NURSE MAN

野崎 亮祐さん ICU・河北医療財団看護専門学校卒業・2014年4月入職

  • 病院の詳細を見る
  • 資料を請求する
  • 説明会へ行く

▲このページの先頭へ戻る