特集 NEW OPEN!HOSPITAL 新しい病院をご案内します。

綺麗な病院、心地よい空間で働く。

ホスピタリティあふれる病院をめざして

国家公務員共済組合連合会 立川病院
2017年7月新病院オープン

地域の中核病院として、患者さんにわかりやすく安心して受診できることを大切に建てられました。広々とした敷地の隣には緑豊かな公園があり、癒しを与えてくれます。まるでホテルのようなホスピタリティあふれる建物は駐車場と陸橋でつながり、スムーズに受診できます。また、病院正面までバスが乗り入れており、雨にぬれることもありません。4階には季節を感じられるテラスがあり、患者さんがご家族との時間を過ごしたり、患者さん同士が交流する場として好評です。診療部門では救急外来・HCUを拡大し、高度な医療をより安心して受けていただけるようになりました。立川市は都心までのアクセスのよさも魅力です。活気ある街のきれいな病院で一緒に働きませんか?

当院では、患者中心・高い専門性と倫理観・連携/協働を行動指針とし、職員一丸となって医療の提供に取り組んでいます。看護部の継続教育では倫理研修を全てのラダーで行い、患者さんの権利の尊重、生命の尊厳、その人らしさを考え続けながら援助できる職員の育成を行っています。多職種や他施設とのカンファレンスを行い、それぞれの立場で意見を出し合いながら、患者さんやご家族が安心して住み慣れた場所で生活を続けられるための援助をしています。今年からより広い視野で患者さんの生活を考えられるよう、訪問看護ステーションでの研修を取り入れました。離職率が低くベテラン看護師も多くいます。豊かな経験や様々な知識を聞きながら、皆でケアを探究しています。

入職6か月後のフォローアップ研修の様子です。「未来の私に向かって」メッセージを送りました。目標が達成できるように組織で支援しています。
毎年、多くのレクリエーション企画が有り、「行きたい」、「観たい」、「笑いたい」と思う企画に自由に参加できます。他職種の方と交流も図れます。

みなさんへのメッセージ

きれいで明るい環境で一緒に働けることを楽しみにしています。
東京医療保健大学東が丘立川看護学部
藤岡 萌優さん(2018年入職)
入職して7ヶ月たちましたが、初めて経験することは日々あります。プリセプターさんをはじめ、先輩が優しく声をかけてくれるので、わからないことはその日のうちに解決することができます。知識や技術だけでなく、日々の忙しい業務の中でも、患者さん一人一人に思いやりを持って関わることの大切さを実践の中で学んでいます。患者さんが住み慣れた地域でその人らしく生活できるように、様々な職種が協力してサポートできることもとても魅力的です。きれいで明るい環境で一緒に働けることを楽しみにしています。
患者さんとのコミュニケーションも楽しんでいます。
弘前大学医学部保健学科
小嶋 佳純さん(2016年入職)
消化器外科病棟で勤務しています。昨年7月に病院の建物が新しくなったことで、とてもきれいになり働きやすい環境になりました。私は3年目になりますが、師長さんをはじめ先輩方はとても頼りになり、わからないことは相談して解決できています。後輩もでき、今年はプリセプターとしても頑張っています。同期と支え合い、入院から周手術期、退院までのスムーズな看護が行えるよう日々取り組んでいます。高齢の患者さんも多く、患者さんとのコミュニケーションも楽しんでいます。
  • この病院の説明会に行く
  • この病院の詳細をみる