特集 NEW OPEN!HOSPITAL 新しい病院をご案内します。

綺麗な病院、心地よい空間で働く。

臨床実践に強いナースを育成します

神戸市民病院機構(中央市民病院・西市民病院・西神戸医療センター・神戸アイセンター病院)
平成29年12月から4病院体制となりました

平成29年12月に、「神戸アイセンター病院」が開設され、「神戸市民病院機構」は4病院体制になりました。市民の生命と健康を守るため、これまで以上に質の高い医療を安全に提供いたします。
【中央市民病院】
「最後の砦」神戸市の基幹病院として、患者中心の質の高い医療を提供するために、断らない救急医療と高度先端医療に取り組んでいます。
【西市民病院】
「地域とつながる急性期病院」神戸市街地西部の中核病院として、地域医療支援病院の役割を果たすため、救急医療に取り組んでいます。
【西神戸医療センター】
「地域に根ざした急性期病院」神戸西地域の中核病院として、高度医療・救急医療を提供するとともに、地域の医療・介護・保健機関との連携に取り組んでいます。
【神戸アイセンター病院】
眼科中核病院として、標準医療から高度先進医療まで提供するとともに、眼に関するワンストップセンターの核として患者さんの思いをつなげる役割を果たします。
―チーム神戸市民病院機構― あなたも仲間になりませんか?

神戸市民病院機構ではいずれも卒後教育に力を注いでいます。特に卒後1~3年目の基礎研修は、技術トレーニングを取り入れ、その後は専門領域研修、トピックス研修等、段階別のカリキュラムで多くの課程を展開し、看護師の資質アップを図っています。各職場ではプリセプター制度を取り入れ、新人の成長に合わせた支援を行うとともに、互いに学びあい成長できる環境づくりに取り組んでいます。
また、職員住宅を駅近くに確保しており、快適な住環境を提供しています。さらに修学資金制度、国内留学制度等、充実の福利厚生が揃っています。

神戸市民病院機構にはあわせて専門看護師22名・認定看護師58名とスペシャリストが多数在籍し、看護の質向上を図るため、部署を超えて活躍しています。
借上マンションを市内各所に準備しています。1年目の自己負担は20,000~25,000円/月程度。設備の充実した綺麗なマンションばかりです!

みなさんへのメッセージ

アットホームな雰囲気に魅力を感じました!
西市民病院8階病棟
大久保 奈津さん
1年目は実際に医療現場で働く責任感や緊張感、覚える知識や技術も多く、不安もたくさんありましたが、先輩や同期に相談しながら頑張ってきました。
患者さんからの「ありがとう」の言葉や、患者さんのADLがアップしていく過程を一緒に喜ぶことができ、自分の支えになりました。
教育制度が充実!働きやすい雰囲気!!
西神戸医療センター救急病棟
プリセプター・プリセプティーペア
部署での研修だけでなく、数か月に1度あるフォローアップ研修では、同期と話し合える機会があります。そこで今の悩みなどを打ち明けることで、みんな同じことで悩んでいるんだと分かり、ホッとして気分転換にもなります。
  • この病院の説明会に行く
  • この病院の詳細をみる