> 特集【新オープン・リニューアル病院】>千葉メディカルセンター

特集 NEW OPEN!HOSPITAL 新しい病院をご案内します。

綺麗な病院、心地よい空間で働く。

二次救急指定病院として地域医療に貢献

千葉メディカルセンター
2014年12月新築移転!

2014年12月1日に新築移転したばかりの病院です。千葉市内で既に実績のある千葉中央メディカルセンターの心臓血管センターチームが移転してきたほか、ハイブリッド手術室、MRI、CT装置などの各種医療機器を導入。早期診断や早期対処ができるようになり、従来以上に質の高い医療サービスを提供できるようになりました。もちろん変わらないものもあります。それが病院のスタッフです。当院では「よく学び」、「よく働き」、「よく遊ぶ」ことを推奨し、知識や技術、そして心の豊かな看護師の育成に力を入れています。個々の目標の実現に向け、病院側のサポート体制は万全。段階的にスキルアップしながら、患者さんのことを一番に考えられる看護師に育ってほしいと願っています。

新人看護師をバックアップするプリセプター制度を導入しています。入職3~4年目の先輩ナースが技術面に加えて、仕事に関する不安や悩みなどの精神面をサポート。高度な看護技術に関しては、豊富な経験を持つアソシエイトナースが必要に応じて指導します。また、クリニカルラダーによる卒後教育では、年数ごとに掲げた目標や目的に応じた研修を用意。認定看護師を目指す人には、図書室の利用などの環境面を病院がバックアップ。現在11名が認定看護師資格を取得しており、毎年増えています。

摂食・嚥下障害看護認定看護師を目指し、キャリアアップ支援の充実した当院に転職。患者さんの思いに寄り添うことを大切にしながら、目標に向けて日々の看護に努めています。
優しい先輩方が多く、みんな仲がよいので新人看護師もなじみやすい環境です。患者さんの回復を目標に、多職種のスタッフが一丸となって治療・看護に当たっています。

みなさんへのメッセージ

看護師として、人として成長できる環境
感染管理認定看護師
中澤真由美
内科病棟の主任も務める認定看護師として、病院の環境整備や物品管理、衛生管理、スタッフの教育を行っています。若手看護師の新鮮な考えや患者さんへのピュアな思いに触れる機会もあり、教えているつもりが教えられていることも。看護師としてだけではなく、人としても成長させていただいています。
認定取得後、ストーマ外来を立ち上げ
皮膚・排泄ケア認定看護師
伊藤かおり
認定看護師を目指すようになってから、配置転換や委員会への参加など、病院側が実現に向けたサポートをしてくれました。その結果、最短の5年で認定資格を取得。その後、立ち上げたストーマ外来の運営も軌道にのってきました。認定看護師として、看護のやりがいや楽しさを日々実感しています。
  • この病院の説明会に行く
  • この病院の詳細をみる