THE LEADING NURSE[リーディングナースTOPに戻る]

東京都千葉県東邦大学医療センター

■東邦大学医療センター大森病院
東京都大田区大森西6-11-1
03-3762-4151(代表)
■東邦大学医療センター大橋病院
東京都目黒区大橋2-22-36
03-3468-1251(代表)
■東邦大学医療センター佐倉病院
千葉県佐倉市下志津564-1
043-462-8811(代表)
【掲載中】特集ページ「教育研修制度」
佐倉病院 循環器内科、心臓血管外科、眼科病棟(2018年入職)
田中さん
千葉県出身 杏林大学卒業

田中さん

経験を重ねて感じる
循環器看護の難しさ。
患者さんとの会話から情報を引き出し、
生活改善につなげたい

一人ひとり丁寧に、
誠実にケアすることを心がける

 インターンシップの際、患者さんやご家族へのかかわり方、スタッフ同士の交流を見て温かみを感じました。また、高度医療を提供する大学病院でありながら地域に根ざしているところにも共感し、入職を決めました。当院は、入院から外来への継続看護を目的にユニット制を導入しており、私も病棟に加え、外来の担当も始まりました。
 外来業務では、退院された患者さんの生活指導を行います。患者さんの多くは高血圧、高脂血症、糖尿病などの合併症がありますが、原因となる生活習慣をすぐに変えることは難しいです。看護介入が必要だと判断し指導しても、患者さんの行動変容につながるとは限らず、経験を重ねるほど難しさを痛感しています。患者さんと会話を重ね、背景を知ったうえで、一緒に方法を考えていきたいと思っています。
 入職した頃は、患者さんに丁寧にケアしたいと思う一方、業務に追われて思うように動けず、看護の仕事は向いていないと悩んでいた時期がありました。そんな時、先輩が私の看護のあり方を肯定し、メンタル面のフォローをしてくれました。先輩たちの優しいサポートに「この先輩たちのもとでなら頑張れる」と前向きになることができました。先輩たちは現在でも悩みを迷いなく相談できる、頼れる存在です。
 当院は患者さんも働く人も大切にする温かい病院です。ここで看護観や仕事観の基盤を築き、業務に振りまわされず患者さん一人ひとりと丁寧に向き合い、ケアできる看護師になりたいと思っています。

PTと一緒にリハビリ中の患者さんに声かけをする。リハビリに対する患者さんの意欲を引き出すためにも、声かけは大切。
PTと一緒にリハビリ中の患者さんに声かけをする。リハビリに対する患者さんの意欲を引き出すためにも、声かけは大切。
患者さんへの生活指導はパンフレットそのままの話にならないように、毎回内容を変えて工夫を凝らしている。
患者さんへの生活指導はパンフレットそのままの話にならないように、毎回内容を変えて工夫を凝らしている。

全国から集まる先輩ナースたち

出身地内訳
入職者の出身地内訳:関東61.96% 北海道・東北15.34% 九州・沖縄8.59% 中部5.52% 近畿・中国4.91% 四国3.68%
2020年入職の当院ナース
※新卒本校生除く

慣れ親しんだ大好きな地元で、
一人前の看護師を目指しています

千葉県出身
佐倉病院 循環器内科、心臓血管外科、眼科病棟
田中さん

 生まれ育った千葉県佐倉市が好きで、当院に入職しました。もちろん立地だけではなく実際に院内を見学し、患者さんやスタッフ同士のかかわりに温かみを感じ、自分に合いそうと感じたため入職を決めました。
 当院は高度医療を提供する大学病院ですが、退院支援など地域医療にも力を入れているため、幅広い症例を学べます。ここでさまざまなことを吸収し、患者さんに不安を与えない一人前の看護師になれるように頑張っていきます。

Special Topic 2

このページにも掲載中!

特集【教育研修制度】を読む