THE LEADING NURSE[リーディングナースTOPに戻る]

Special Topic 2 教育研修制度 [卒後研修からキャリアアップまで]

東邦大学医療センター大森病院

手術室看護教育プログラムに基づき、
チームで育成を図り成長を支援します

東邦大学医療センター大森病院

住所:東京都大田区大森西6-11-1

すべての診療科の手術を経験し、患者さんから信頼される看護師を目指す

 実習で手術室看護に興味を持ち、手術室看護師を目指しました。8つの病院の見学とインターンシップに参加しました。当院ほど丁寧に1日かけて説明してくれたり、器械出しを体験させてくれる手術室はなく、ここで仕事をしたいと思い入職を決めました。
 初めて担当する手術は事前に先輩からオリエンテーションを受けますが、先に経験した同期から準備の内容や手術の流れを聞き、しっかり勉強して臨みました。それでも実際の器械出しの時に手間どってしまった手術は苦手意識を持ってしまい、逃げ出したくなることもありました。しかし、そんな時は一緒に担当した先輩が振り返りの時間を設け、反省点や改善点を提示してくれるなどサポートをしてくれました。失敗から逃げ出すのではなく、2回、3回と経験を重ね、上手くできた回数を増やしていくことで、徐々に自信が持てるようになりました。
 命にかかわる緊急手術に、先輩と一緒に器械出しで入ったことがあります。先輩が次の行動を予測し、見事な器械出しをする姿を見て感動しました。このスピード感が緊急時にいかに大切かを実感し、私も早く先輩のような手術室看護師になりたいと思いました。
 今の目標は緊張や不安を感じる患者さんに安心していただける看護ができること、信頼される看護師になることです。そのためには患者さんの全身状態をしっかり看ること、手術の内容や処置を理解していることが不可欠です。患者さんに安心していただける対応ができるように、3年間ですべての診療科の経験を重ねスキルアップしたいと思います。

「チームワークが良く、コミュニケーションが活発でとても働きやすい環境です」
2019年入職 埼玉県立大学卒業
高野さん