THE LEADING NURSE[リーディングナースTOPに戻る]

Special Topic 1 看護部長インタビュー [トップが語る学生へのメッセージ]

着実に成長できる教育体制を基盤に
国立大学病院のネットワークを
生かした人事交流で、
看護師としてのキャリアを継続してほしい

東京大学医学部附属病院

副院長・看護部長

山 智恵子さん(左)

東京医科歯科大学医学部附属病院

副院長・看護部長

つま子さん(右)

主体的かつ継続的に学べる
教育プログラムを用意

小見山 国立大学病院は、高度で質の高い医療を提供する診療、多職種と協力しお互いを高め合える職業人の育成、常に新しい医療の開発を行う研究と、3つの社会的使命を担っています。

川﨑 中でも研究活動には力を入れています。看護師が研究を行うことで、患者さんと診療をつなぐ役割を果たしていますね。同じ国立大学病院でも診療科の強みは異なります。当院は東京都難病診療連携拠点病院として、難病全般の診断と専門的治療を行っています。

小見山 当院は心臓・肺・肝臓・腎臓の臓器移植実施施設です。また災害拠点病院として、災害時には多くの患者さんを受け入れるとともに、災害派遣医療チーム(DMAT)を構成し、被災地にスタッフを派遣する役割を担っています。

川﨑 一般の病院では治療が困難な症例も受け入れているため、高度で先進的な医療における看護実践にかかわれることも特徴のひとつですね。

小見山 そうですね。高度急性期ということで、国立大学病院は、敷居が高いと思われがちですが、決して高くはないと思います。実習やインターンシップに参加した学生の声を聞くと、アットホームで丁寧に接してもらえたという感想が多いです。教育体制も整っているので、安心して成長できる環境だと思います。

川﨑 医療人の育成は重要です。新人教育は確実に成長できるプログラムを用意し、主体的かつ継続的に学べる環境を整えています。

小見山 1年目は支援を受けて成長することを目標に、プリセプターやエルダーナースがサポートします。初めから困難な課題に取り組むのではなく、スモールステップで学べるようにしています。また、集合教育と現場教育が乖離しないことが大切です。日常の看護実践が学びでありトレーニングです。それが患者さんへの看護につながります。

川﨑 当院では新人のメンタルサポートにも力を入れています。健康管理センターでのミーティング、リエゾンナースがかかわるなど、さまざまな側面から精神面を支えています。その結果、新人の離職率は下がっています。継続教育においても、資格取得を目指す人への支援が万全です。大学や大学院進学のための休職制度など、さまざまなキャリア開発支援がありますね。

小見山 そうですね。例えば国立大学病院は、専門・認定看護師の割合は高くなっています。院内での活動だけでなく、地域の看護師向けのセミナーの講師を務めるなど、さまざまなニーズに応えています。

川﨑 病院だけでなく、行政や教員への道を選ぶ人、海外で国際的に活躍したい人など、志向性の幅は広がっていますね。個々の目標を否定せずに支援していくことも我々の使命です。

看護は人の役に立つことを
ダイレクトに実感できる仕事

小見山 病院間の人事交流や転任制度も長い歴史を持ち、活発なことも特徴として挙げられます。専門領域を深めたい場合にも、他病院で一定期間学ぶことができます。

川﨑 例えば当院は移植医療を行っていないため、他病院で学ぶことも可能です。国立大学病院全体のネットワークを活用することで学びを深め、患者さんへの貢献につながっています。

小見山 また、ワーク・ライフ・バランスにも力を入れ、結婚、出産、子育てとライフスタイルの変化への支援制度も充実しています。育児休暇を取得して、現場に復帰後は時短制度を活用して働いている人も多くいます。

川﨑 こうした制度があるから、看護師としてのキャリアを継続できると思います。人材育成においてはプロフェッショナルな役割を果たせる看護師を育てることに力を入れています。根拠を持った看護を実践することで、医師に対しても意見を言える看護師になってほしいと思います。また、患者さんに関心を寄せ、理解を深めるためにも、常に学び続けることが求められます。

小見山 当院看護部は「みて、触れて、考える」を目標に掲げていますが、考え、実践する看護師に成長してほしいと思います。川﨑部長が言われたように、患者さんに関心を寄せ、隠れたニーズを察知して行動してほしいですね。基本的な知識に裏づけされた実践、そして、気づかいや倫理観、人との協調性も大事な資質です。

川﨑 当院には潜在能力を持った看護師が集まってきます。そうした能力を生かせるよう、育成していくことが大切だと考えています。

小見山 就職活動ではインターンシップに足を運ぶことをお勧めします。自分が将来働く場所を自分の目で確認し、病院の雰囲気を肌で感じてください。

川﨑 私はそこを重要なポイントにしています。ホームページやパンフレットだけで決めることは、避けてほしいですね。実際に働いている姿を見て、そこで自分が働くイメージを持てるかが大切です。看護師は人とかかわる仕事のため、人に興味を持つことが必要です。学生時代からいろいろな年代の人とコミュニケーションを取ることを心がけてください。私は「看護はいい仕事」だと皆さんに伝えています。看護師は病気という自分の望まない出来事に直面する患者さんと向き合う仕事です。臨床において常に自身を振り返るチャンスがあるので成長につながります。自分自身も、いい仕事を選んだと実感しています。

小見山 私自身も「看護師はとてもいい仕事」だと、あらゆる場面で伝えています。どの仕事もすべて人や社会に役立つものですが、こんなにダイレクトに人や社会への貢献を実感できるのは看護師の仕事ならではです。同じ患者さんは一人としていないため、答えはひとつではないところも魅力です。小さなチャレンジを続けることが、自分の成長につながると思います。

東京大学医学部附属病院

[住所]〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
重症で複雑な病態の、多様な背景の患者さんが受診される病院だからこそ、看護師一人ひとりの判断力、実践力、思いやりが求められます。「みて、触れて、考える看護」で、患者さんの生命力を引き出す。それが私たちの目標です。

Profile プロフィール

こみやまちえこ

千葉大学看護学研究科修士課程修了(看護学修士)。東京大学医学部附属病院就職後、外科病棟、内科病棟、教育担当部門等で勤務。文部科学省出向を経て2003年看護師長。2010 年より看護部長、2019 年副院長。

東京医科歯科大学医学部附属病院

[住所]〒113-8510 東京都文京区湯島1-5-45
看護は仮説検証過程であり、科学的・創造的・主体的に追求する姿勢を大切にします。当院看護部は「ともに考え」「ともに学び」「ともに実践し」「ともに成長する」学習する組織を目指します。

Profile プロフィール

かわさきつまこ

東京医療保健大学医療保健学研究科修士課程修了。国立病院医療センター、大宮赤十字看護専門学校教員、同院看護部副部長、小川赤十字病院看護部長、足利赤十字病院看護部長を経て、2014 年より現職へ着任。2016 年より同院副病院長としても活躍。