THE LEADING NURSE[リーディングナースTOPに戻る]

東京都千葉県東邦大学医療センター

■東邦大学医療センター大森病院
東京都大田区大森西6-11-1
03-3762-4151(代表)
■東邦大学医療センター大橋病院
東京都目黒区大橋2-22-36
03-3468-1251(代表)
■東邦大学医療センター佐倉病院
千葉県佐倉市下志津564-1
043-462-8811(代表)
【掲載中】特集ページ「教育研修制度」
大橋病院 整形外科、泌尿器科、皮膚科、小児病棟(2018年入職)
末若さん
東京都出身 帝京平成大学卒業

末若さん

院内外の研修、委員会活動にも
積極的に参加していくことが、
目指すジェネラリストに
つながっていく

術後疼痛の理由はさまざま。
患者さんの訴えを傾聴しケアをする

 入職時に希望した部署は整形外科病棟と小児病棟です。学校の実習で整形外科の患者さんをケアすることが多く、回復してできることが増えていく過程が嬉しかったことと、子どもが好きだったからです。希望が叶い、現在の部署に配属になりました。
 整形外科では周術期の患者さんが多いので、術後疼痛の訴えが強い患者さんに対しては、背部マッサージをしたり、話を聞く時間をつくったりしています。患者さんから「痛むのでとても不安だったが、そばにいてくれただけで安心できた」と言われた時は、とても嬉しかったです。疼痛の理由もいろいろあるのですぐに鎮痛剤を使用するのではなく、不安によるものなのか姿勢によるものなのか、患者さんの訴えをよく聞いて看護していかなければならないと学びました。目の前の業務を優先しがちですが、患者さんによりそう気持ちを持ってケアすることが大切だと実感しました。
 2年目になって、小児も受け持つようになり、知識を増やすために院内外の勉強会にも参加したいと考えています。
 現在は医療安全対策委員会の安全係として、病棟内のインシデントやヒヤリハットの集計・分析にかかわっています。病棟の特殊性からスキンケアの重要性も感じており、3年目には、皮膚・排泄ケア認定看護師や多職種とのチーム医療を行う委員会活動への参加も視野に入れています。
 専門知識をつけて看護の幅を広げ、ジェネラリストとして早く一人前になるのが現在の目標です。

デイルームで患者さんの話に耳を傾ける。「心によりそう看護を提供する」という看護理念に共感したという末若さんは、常に先輩の看護を見て学び、自分なりのよりそい方を模索している。

全国から集まる先輩ナースたち

出身地内訳
入職者の出身地内訳:関東50.0% 北海道・東北20.8% 中部12.9% 九州・沖縄10.3% 近畿・中国4.3% 四国1.7%
2019年入職の当院ナース
※新卒本校生除く

教育、職場環境、お給料、立地。
すべて満点の働きやすい職場です

東京都出身
大橋病院 整形外科、泌尿器科、皮膚科、小児病棟
末若さん

 就職先は「教育」に加え、「職場環境の良さ」「お給料」「自宅から近いこと」の4つの条件で探し、条件にピッタリだった当院に入職しました。インターンシップで感じたアットホームで働きやすい職場に、とても満足しています。
 病棟での同期は5人。うち3人は地方からの上京組ですが、一緒に渋谷や下北沢などに遊びに行くなどとても仲良しです。勤務で一緒になることはあまりありませんが、一緒になるとそれだけで安心でき、支え合える良き仲間です。

Photo Gallery フォトギャラリー

  • 心電図モニターの波形をチェック。スキルアップのための資格取得を目指し、目下勉強中。
  • 森師長補佐(右)にわからないことを確認してメモを取る。できないことばかりで落ち込んでいる末若さんに、師長をはじめ病棟の先輩みんなから声をかけてもらえたことで、つらい時期を乗り越えられたという。
  • 看護技術は臨床で必要になる頃に研修で学べるよう設定されている。
  • チーム医療の研修では、入退院支援部門を見学し、入院前支援の面談の仕方や退院支援に向けてのカンファレンスなど、病棟看護師としての役割を学ぶ。

Special Topic 2

このページにも掲載中!

特集【教育研修制度】を読む