THE LEADING NURSE[リーディングナースTOPに戻る]

東京都国立成育医療研究センター

〒157-8535 東京都世田谷区大蔵2-10-1

03-3416-0181(代表)

6階周産期病棟(2018年入職)
因幡 優美さん
北海道出身 弘前大学卒業

この病院のナースを見る

因幡 優美さん

渡邉 優希乃さん

因幡 優美さん

助産師の仕事はお産だけではなく、
年齢に応じた女性の変化に寄り添い、
その心身を健やかに支援する
専門職です

多様な症例を経験できる環境で
個別性のある看護を学ぶ

 大学時代に助産師専門科目の講義で聞いた「助産師の仕事は妊娠・出産の支援だけではない。年齢とともに変化する女性の心身に寄り添い、生涯、健やかに過ごせるよう支援することだ」という恩師の言葉にとても感銘を受け、助産師を目指しました。
 当院を選んだのは「命をはぐくみ、子どもと家族の未来を支える看護をめざす」という看護理念に共感したのと、自然が多く住みやすい病院周辺の環境が決め手でした。
 当院は合併症や疾患を持った胎児などのハイリスクの妊娠・出産や無痛分娩が多いのですが、お産はどれひとつとして同じものはなく、妊産婦さん一人ひとり違うことを実感します。また、悲しいけれど死産もお産のひとつとして、心身に寄り添うケアの大切さを改めて学んでいます。多胎妊娠や母体搬送の緊急入院、外国人の方、遺伝カウンセリングなど、さまざまな人が集まる当院だからこそ、自ら学ぶ姿勢を持てば多くの経験を積むことができます。
 大変な時もあるけれど、乗り越えられるのは先輩たちが見守ってくれるからです。初めての夜勤明けに「お疲れさま!」というメッセージを添えて、先輩がそっとプレゼントしてくれたジュース。良い先輩、素敵な職場に恵まれたと思います。
 初めて子どもと対面する時の産婦さんと家族のほころぶ顔に毎回感動し、充実した日々を送っていますが、思った以上に助産には体力が必須。ジムでトレーニングに励んでいます。健康な体と豊かな心で、看護師・助産師として成長していきたいです。

悩んだり不安だったりした時に、いつも先輩が「大丈夫?」と声をかけてくれた。自身もそういう先輩でありたいと思う。今日は新人の渡邊紬(左)さんに新生児の抱き方を指導する。

全国から集まる先輩ナースたち

出身地内訳
入職者の出身地内訳:関東47.6% 甲信越15.3% 東北10.5% 九州・沖縄10.5% 関西8.1% 北海道4.0% 中国・四国4.0%
2019年入職の当院ナース

高い志をもって各地から集まった同期と
みんなで励ましあってパワー充電!

新潟県出身
乳幼児外科病棟
本山 朱音さん

 日本でトップクラスの小児医療を提供している当院で、小児看護の経験を積みたいと志をもって入職しました。
 最初は地元・新潟とは全く違った生活環境に戸惑い、仕事にも不安を感じたりしました。徐々になじむことができたのは、全国各地から上京してきた同期の仲間たちと励まし合えたからです。勤務後や休日には、同期の仲間と楽しく過ごしています。心身のエネルギーをチャージすると、翌日もまた頑張れます!

Photo Gallery フォトギャラリー

  • 「妊娠、分娩、産褥、新生児に関する知識と技術を、後輩にわかりやすく教えられるようになるまで身につけること」が今の目標。
  • 「患者さんの家族が“看護師として成長した”と私を評価してくださったそうです。先輩からそう聞いて、これからも誠実な看護に努めようと思いました」。
  • 保育器での観察は細心の注意が必要。異常の早期発見に努める。
  • 後ろにあるのは子どもの安全教育をするためのトレイン。病院が少しでも楽しい場所になればという思いで設置され、子どもたちの遊び場となっている。

この病院のナースを見る

因幡 優美さん

渡邉 優希乃さん