THE LEADING NURSE[リーディングナースTOPに戻る]

千葉県国立国際医療研究センター 国府台病院

〒272-8516 千葉県市川市国府台1-7-1

047-372-3501(代表)

精神科救急病棟(2019年入職)
坂爪 みどりさん
群馬県出身 上智大学卒業

この病院のナースを見る

伊 美恵さん

坂爪 みどりさん

坂爪 みどりさん

一人の人間として
患者さんの心と向き合う。
地域との連携で実践される
包括的看護で、患者さんの
生活をサポートする

かかわりの難しさに感じたストレス。
先輩たちのフォローで心が軽く

 大学時代に「人の心の動き」に興味を持ち、体だけでなく患者さんの心にも向き合いたいと思いました。精神科と一般科があり、インターンシップでアットホームな雰囲気だった当院へ入職を決めました。
 いざ仕事に就いてみると、何もできない自分にもどかしさを感じました。かかわりの難しい患者さんを受け持つ時や、多忙になるとわかっている日など、自分の力量以上のものを求められると不安になるのです。そんな時、教育担当やプリセプターの先輩が話を聞いてくれ、一緒に考えてくれたことで心が軽くなり、前向きになれました。
 日々の看護で大切にしているのは、「患者さんはどうしたいのだろう」ということ。以前、日課を忘れて患者さんを怒らせてしまったことがありました。その時、師長や教育担当の先輩に「患者さんがどういう気持ちなのかを理解する」という視点を示してもらい、以来、一方通行にならないように、患者さんの立場で考えてケアするように心がけています。
 話しかけても反応がない状態だった患者さんが、先輩たちの的確なケアで、笑顔で会話ができるまでに回復、退院できた時は嬉しかったです。私もそうしたかかわりができる看護師になりたいと、強く思います。
 当院は、ソーシャルワーカーなどの他職種や地域の支援者とも交流を図り、患者さんを包括的に看ることのできる環境にあります。そのつながりを生かし、地域での生活も視野に入れ、その人個人と向き合う看護を実践していきたいです。

「自分の言動で患者さんの退院に影響が出ることが不安だったので、小さなことでも先輩に確認していました」と坂爪さん。先輩たちの温かなサポートが、成長と笑顔をもたらしている。

全国から集まる先輩ナースたち

出身地内訳
入職者の出身地内訳:関東80% 中部8% 北海道5% 九州3% 東北3% 中国1%
2017~2019年入職の当院ナース

多様な疾患を看ることのできる環境で
経験を重ね、頼れる看護師を目指しています

埼玉県出身 2018年入職
3階北病棟
根岸 澪さん

 ひとつの病棟でさまざまな疾患の看護を経験できることから当院に入職。現在は日常生活の援助や安静に生活を送るための精神的支援、糖尿病指導などを行っています。
 先輩たちが私のレベルに合わせて丁寧に指導してくれたおかげで、入職当初に感じていた不安は次第に解消されました。自信を持って患者さんに接することができるようになったからです。今後はさらに経験を重ね、頼れる看護師を目指します。

Photo Gallery フォトギャラリー

  • 伊さんは患者さんの生活背景を把握し、在宅療養を困難にする問題を看護の視点から考え、その人に必要なケアの提供を心がけている。
  • 精神科病棟でも心のケアだけでなく、たくさんの看護技術が学べるため、勉強になり看護の幅が広がると考えている。
  • 新人の頃、落ち込んだ時に患者さんや家族から励まされ、多くのかかわりの中に看護のやりがいを感じて頑張っている。
  • 「患者さんの状態が良くなったのを見るのは大きなやりがい。現場で活躍できる認定看護師にも関心を持っています」。

この病院のナースを見る

伊 美恵さん

坂爪 みどりさん