THE LEADING NURSE[リーディングナースTOPに戻る]

Special Topic 2 教育研修制度 [卒後研修からキャリアアップまで]

Special Topic 2

[卒後研修からキャリアアップまで]
教育研修制度

厚みが増したポートフォリオは
「成長した自分」が確認できる大切なもの

社会福祉法人 三井記念病院

住所:〒101-8643 東京都千代田区神田和泉町1
TEL:03-3862-9236

目指すゴールまで自主的に楽しく学習を続ける!

 ゴール(目標)に向かってさまざまな資料をファイリングしていくポートフォリオ。この教育方法を、三井記念病院の看護部では2007年から導入した。今では「ポートフォリオといえば三井記念病院」と言われるくらい、そのイメージが内外に浸透している。 
 入職すると同院看護部は、一冊のファイルを支給する。看護師は、年次ごとに目標を設定し、そこに向かって日々「できたこと」や目標達成のための「学習資料」「看護メモ」など、さまざまな「自分にとって必要なもの」をファイルしていく。
 同院独特の個性が光るのは、この「自分にとって必要なもの」が多岐に渡ることだ。例えば、患者さんの病態を理解するために懸命にまとめたノート、給料明細、患者さんからの手紙、新人時代にもらった先輩からの励ましの言葉が書かれたメモ、楽しい思い出の写真などなど。実は、これらは全て「振り返った時に、自分を元気にしてくれる大切なもの」ばかりだ。
 目標達成までのプロセスを自己管理し、自主的な学習を重ねていくには、楽しくないと続かない。看護の仕事はつらく大変なこともあるが、懸命に取り組んだ結果をファイルし、後に振り返ると、壁を乗り越えたことを実感できる。「今の自分に必要なもの」は「成長した自分」を確認し、新たな活力や自信を生み出すのだ。同院のポートフォリオは、看護の力とともにモチベーションを高める教育方法でもある。

ポートフォリオ研修の効果って?1.目標に向かって成長していくプロセスが見える 2.自分の振り返りや後輩への指導の資料となる 3.自分の活動を説明するツール、コミュニケーションのツールになる

病棟の特性と看護師の個性が光る 「私たちのポートフォリオ活用法!」13階病棟(脳神経外科・乳腺外科・耳鼻咽喉科・歯科口腔外科)の看護師たちに大切なポートフォリオを公開してもらいました。

この病院のナースを見る

射越 さおりさん

松田 信司さん