> 東京都立病院 墨東病院(佐藤 浩子さん) | 看護部長インタビュー 2020年度
THE LEADING NURSE[リーディングナースTOPに戻る]

SPECIAL TOPIC 1 看護部長インタビュー [トップが語る学生へのメッセージ]

三次救急から周産期、がん医療など
幅広い疾患を深く学べる環境のもとで、
個々のキャリアデザインを描いてほしい

東京都立病院 墨東病院

看護部長

浩子さん

独自の看護キャリアパスで、
継続的・段階的な成長を後押し

都立病院の果たす役割と使命を教えてください。

 都立病院の特徴として挙げられるのは、行政的医療を提供していることです。例えば精神科救急医療、災害医療、周産期医療、二次・三次救急医療など、法令に基づいた対応が求められる医療や社会的要請が高い医療に積極的に対応するとともに、各病院の専門性を活かした医療にも取り組んでいます。
 そしてすべての都民のための病院であり、高水準な医療を安定的に提供し続けることを使命としています。近年は高齢患者さんの増加に伴い、地域の医療機関と連携を図り、地域包括ケアシステムの構築を推進しています。

その中で墨東病院の特徴はどんなところでしょうか。

 当院は、区東部における地域中核病院としての役割を担い、東部医療圏の最後の砦と言われています。365日24時間、眠らない病院として、三次救急医療、周産期医療、精神科救急医療、がん医療、感染症医療など、幅広い領域の疾患に専門的に対応しています。

そうした医療に対応できる看護師を育成する教育体制を教えてください。

 教育の特徴である「東京看護アカデミー」は、新人からベテランまで、個々の習熟段階に応じて、キャリア発達を支援するものです。
 都立病院では従来から看護師の育成に力を入れてきました。よりよい看護を提供するためには、看護師のスキルアップが必要という考えのもと、都立病院全体で連携し、全病院で同じ教育が受けられる研修システムを構築しました。

看護師としての基礎を築く新人教育で、力を入れていることは何でしょうか。

 最初の3カ月間を臨床研修期間とし、プリセプターとともに基礎看護技術を習得し、夜勤研修は6月から始め、独り立ちを目指します。配属後は、集合研修と部署で定期的に新人サポートカンファレンスを開催し、新人の技術の習得状況や情報共有を行います。集合研修では同期で悩みを共有し、話し合うことで励みになっています。

2年目以降の教育についてはいかがでしょうか。

 2年目以降は少しずつハードルを 上げ、自分が興味のある領域にチャレンジできる環境を整えています。
 「看護キャリアパス」は、看護職員としての自立を目指す基礎コースと、看護実践能力に磨きをかけるジェネラルコースで構成され、段階に応じて専門職として必要な知識・技術・態度を習得でき、3年間で一人前の看護師として成長できるプログラムとなっています。
 そしてジェネラリストだけでなく、スペシャリストを目指す人には、専門・認定看護師や学会認定の資格取得など、資格取得への支援も手厚く行っています。専門・認定看護師取得に際しては学費支援、交通費・給与支給を行いサポート。習得した知識や技術を還元するとともに、個々の専門性を発揮できる場を用意しています。

個々のキャリアデザインを考えて成長できる環境がありますね。

 当院にはさまざまな専門性の高い医療を学べる環境があるので、自分の適性を確認したうえで、将来の目標を描いてほしいと思います。
 ジェネラルナース派遣研修では、災害看護、NICU看護、救急看護など、自分が学びたい領域を選択できます。自分の所属する病院以外で看護を体験することで、自部署の課題に気づいたり、自身の目指す領域を確認できるものとなっています。
 また都立病院は8病院2療育センターがありますが、病院間の異動も可能です。結婚や出産、看護の幅を広げたいなどライフプランに合わせてキャリアを継続することができます。

オリンピック病院として
外国人患者さんへの対応を整備

看護師に求められる資質は何だとお考えですか。

 東京都では3つの求める看護があり、「患者中心の看護ができる」「質の高い医療・看護サービスが提供できる」「専門職として自ら学び成長できる」ことを掲げています。患者さんにやさしく接するためには、心身ともに健康であることが大切ですし、都立病院の職員は患者さんに対して公平性を保つことが求められます。そして常に職業に対する前向きな姿勢を持っていてください。
 看護の現場では、医師や他職種との連携が不可欠ですが、その中で看護師は調整能力を発揮してほしいですね。看護の視点から意見を述べられることや、コミュニケーション能力も看護師には不可欠だと考えます。

墨東病院の今後の取り組みを教えてください。

 2020年には、東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。外国人の患者さんの受診も増えることが予測されるため、オリンピック病院としての機能を有し外国人患者さんにやさしい病院として整備を進めています。都立病院では2番目となるJMIP(外国人患者受入れ医療機関認証制度)の認証をいただきました。
 今後は看護師に語学力が求められる場面も増えることが予測されます。外国語に堪能で能力を活かしたい方には、活躍の場も広がると思います。

学生時代に取り組んでほしいことはありますか。

 学生時代には、親しい友人をつくってほしいですね。看護学校時代の同期は、入職後も大切な財産となります。看護という共通のベースがあるので、理解し合えると思います。本音で語れる仲間と出会えるのは学生時代ならではです。

学生さんへメッセージをお願いします。

 看護師は、生涯続けられる仕事です。同じことの繰り返しではなく、少しずつ自分を進化させて、やりがいを持つことができます。そして人から感謝される仕事であることも看護職ならではです。「ありがとう」という患者さんからの感謝の言葉は、喜びを得ると同時に自分が生きている意味を認められたと実感できます。
 皆さんが看護師の道を選択してくれたことは、とてもうれしく思います。入職後は一緒に患者さんのために、よりよい看護を提供しましょう。

写真

東京都立病院 墨東病院

[住所]〒130-8575 東京都墨田区江東橋4-23-15
当院は近年、周産期の現場で外国人の赤ちゃんが入院するケースが増えています。外国人のご家族と赤ちゃんが、安心して入院できるようなサポートの充実にも取り組んでいます。

Profile プロフィール

さとうひろこ

1983年都立の看護専門学校を卒業して、看護師として東京都に入職。2009年千葉大大学院看護システム管理学修了。認定看護管理者。駒込病院、墨東病院、東京都保健医療公社病院等を経て2018年から4年ぶりに墨東病院に勤務。

写真
都立病院では子育て支援をはじめ、働き続けられる環境を整備しています。また教育的支援も充実しているので、個々のさまざまな能力を活かせる病院であると自信を持って言えます。

この病院のナースを見る

写真

田中 麻里菜さん

写真

新田 美穂さん