> 東邦大学医療センター大森病院(小林さん) | 先輩看護師からのメッセージ 2020年度
THE LEADING NURSE[リーディングナースTOPに戻る]

東京都千葉県東邦大学医療センター

■東邦大学医療センター大橋病院
東京都目黒区大橋2-22-36
03-3468-1251(代表)
■東邦大学医療センター大森病院
東京都大田区大森西6-11-1
03-3762-4151(代表)
■東邦大学医療センター佐倉病院
千葉県佐倉市下志津564-1
043-462-8811(代表)
大森病院 消化器外科病棟(2018年入職)
小林さん
東京都出身 横浜創英大学卒業

この病院のナースを見る

写真

須佐さん

写真

小林さん

写真

西谷さん

写真:小林さん

プリセプターをはじめ
病棟の先輩みんなで新人を支えてくれる。
その温かい思いが頑張る原動力に

苦手なことやわからないことは
先輩のケアから学び、実践する

 当院に入職したのは、この近くで生まれ育ち、小さい頃から良く知っている病院だったことと、インターンシップに参加して、看護師が患者さんとしっかり向き合って話をしている様子や、多職種と活発なコミュニケーションをとっている姿を見て、ここで働きたいと思ったからでした。
 現在、希望した消化器外科病棟で勤務しています。外科系の看護をしたいと思ったのは、手術を受ける患者さんの不安や苦痛の軽減、術後の合併症予防など回復過程を支える看護がしたいと思ったからです。術後は「傷が痛むから」と離床がなかなか進まない患者さんもいます。そんなとき先輩たちは離床のメリットを伝え、「立てましたね」など、できたことをしっかり言葉にして患者さんにフィードバックしています。患者さんも「じゃあ今度は歩いてみようかな」と前向きな気持ちになることができます。私も先輩たちのかかわり方を学び、実践しているところです。
 入職当初はできないことばかりで、中でも限られた時間で患者さんの情報収集を行うことが苦手でした。大切なことを見落としてしまったときは、とても落ち込みました。そんな私を見て、プリセプターがどのように情報収集をしたらよいのか、コツを具体的に教えてくれました。私を常に見守り、気遣ってくれたことがうれしく、立ち直ることができました。
 病棟の先輩たちがみんなで新人を支え、指導してくれます。着実に成長できる良い環境で、毎日楽しく看護をしています。

写真
小林さんのプリセプター・関川さんと患者さんのカルテを見る。話しやすいようプリセプターから声をかける。「大丈夫?と声をかけてもらえるだけで安心でき、頑張ろうと思えます」と小林さん。

「全国から集まる先輩ナースたち」地元・秋田に似た雰囲気の街で初めての一人暮らしを楽しんでいます 一人暮らしの経験がなかったので、仕事をしながら一人で生活していけるのか当初は不安でした。でも当院のある千葉県佐倉市は、地元・秋田の環境に似ているところがあってとても住みやすく、懐かしさを感じながら生活しています。最初はできないことが多く悔しい思いをしていましたが、先輩との振り返りで「できたこと」を確認し、自信につなげることができました。励まし合える同期の存在も、大きな支えとなっています。[出身地内訳 関東49.6% 東北12.0% 九州・沖縄12.0% 中部11.1% 北海道9.4% 近畿2.6% 中国1.7% 四国1.7%][2019年入職の当院ナース※新卒本校生除く]

Photo Gallery フォトギャラリー

  • 写真:
                上石さんの所属する循環器病棟スタッフステーションでのカンファレンス。1年目の上石さんも、積極的に先輩に質問をする。
  • 写真:
                手術室に患者さんを送り、手術室看護師に引き継ぎをする大串さん。患者さんに声をかけて、緊張を和らげる。
  • 写真:
                消化器外科病棟にはストーマ造設の患者さんも多い。皮膚・排泄ケア認定看護師から、ストーマのパウチの説明を受ける。
  • 写真:
                先輩助産師から分娩介助の指導を受ける。将来の目標は、自律して助産ケアの実践ができる「アドバンス助産師」の資格を取得すること。

この病院のナースを見る

写真

須佐さん

写真

小林さん

写真

西谷さん