> 静岡県立静岡がんセンター(後藤 はるなさん) | 先輩看護師からのメッセージ 2020年度
THE LEADING NURSE[リーディングナースTOPに戻る]

静岡県静岡県立静岡がんセンター

〒411-8777 静岡県駿東郡長泉町下長窪1007番地

055-989-5743

頭頸部外科・食道外科病棟(2018年入職)
後藤 はるなさん
静岡県出身 静岡県立大学卒業

この病院のナースを見る

写真

渡邊 裕貴さん

写真

後藤 はるなさん

写真:後藤 はるなさん

センシティブな「がん」だからこそ、
疾患や看護の知識だけでなく、
社会性や人間としての
学びがあります

患者さんの「お墓参り」の要望に、
スタッフ一丸となって希望を叶えた

 小学生の頃、緩和ケア病棟で働く看護師のドキュメンタリー番組を見て感動し、看護師になろうと決めていました。いつかは私も緩和ケア病棟で働きたかったので、がん看護についてしっかり学ぶため、当院に入職しました。
 当病棟の良さは、医師と看護師のコミュニケーションが盛んなことです。あるとき、呼吸状態の悪い患者さんが「お墓参りに行きたい」と仰ったので、その希望を叶えることにしました。まずは先輩が医師に相談して計画を立案。病院内を散歩して外出できる体力をつけていくことになったため、私も患者さんに付き添い、何度か院内のバラ園を散歩しました。無事に体力がつき、予定通りお墓参りをして戻ってこられたときの患者さんの笑顔が、今でも忘れられません。病棟のスタッフが一丸となり、患者さんの希望を叶えることの喜び、大切さを学びました。
 入職当初はできないことが多く、不安なことばかりで特に夜勤が心配でした。でも事前に「夜勤の心得研修」を受け、夜勤時の体調管理や注意点、巡視時のポイントなどを学べたので、イメージがつきやすく、スムーズに夜勤に入ることができました。
 頭頸科は首から上の部位全般と広範囲で勉強することも多いので、先輩が開いてくれる勉強会に参加するなど、自己学習が欠かせません。がんというセンシティブな疾患を扱うので、コミュニケーションや社会性を人として深く学べることに、難しさとやりがいを感じています。

写真
薬剤のダブルチェック。先輩から「最終投与者として、しっかり確認するように」と言われているので、真剣そのもの。

「全国から集まる先輩ナースたち」新たな土地には新しい発見がある。新天地・静岡に楽しみを抱いて入職しました 「新たな土地にいくことで、新しい発見がある」と思っているので、就職先を静岡県にすることに不安や心配はなく、むしろ新天地に楽しみを抱いて当院を選びました。1年目を対象とした集中講義や丁寧な振り返りなど新人教育が整っているので、わからないことはしっかり教えてもらえます。日々看護の難しさを感じていますが、先輩や教育担当に相談することで仕事への不安は軽減されています。

Photo Gallery フォトギャラリー

  • 写真:
                ホテルのような建物と、バラ園をはじめ四季折々の草花が咲く庭。晴れた日は間近に雄大な富士山が望めるなど、環境は抜群。
  • 写真:
                小児病棟のプレイルームで、患児と一緒に遊ぶことも。「小さい子どもの全身状態が悪くなると、まだ動揺してしまうことがある」と渡邊さん。プロとして冷静に対処できるようになることが、今の課題だ。
  • 写真:
                日勤ではパートナーシップをとる。電子カルテを見ながら、パートナーの先輩に患者さんの対応について相談する。
  • 写真:
                ベッドサイドの端末から食事が選べるようになっている。

この病院のナースを見る

写真

渡邊 裕貴さん

写真

後藤 はるなさん