> 北里大学病院(安重 七夏さん) | 先輩看護師からのメッセージ 2020年度
THE LEADING NURSE[リーディングナースTOPに戻る]

神奈川県北里大学病院

〒252-0375 神奈川県相模原市南区北里1-15-1

042-778-8111

集中治療センター GICU(2010年入職)
安重 七夏さん
神奈川県出身 北里大学卒業

写真:安重 七夏さん

GICUで培ってきた、重症患者さんを
アセスメントする知識と介入の技術を
RRTメンバーとして
病院全体で発揮していきたい

RRTはGICUジェネラルナースの
ステップアップになると思った

 入職以来、GICUで働いてきてリーダーも経験しました。「この先、何が足りないのか」と考えたとき、自分はGICU以外で看護の力を発揮できるのだろうかと不安になりました。私が目指したかったのは、ある分野で突出した力を発揮するスペシャリストではなく、ジェネラリストとして目の前の患者さんに的確に対応できることです。
 そんなときにいただいたお話が、RRT要請対応者育成コースへの参加でした。RRT(Rapid Response Team)は「急変前に対応する初動チーム」です。看護師やコメディカルからの要請を受け院内全ての病棟や部署に出向いて、患者さんのクリティカルから終末期までの対応を行います。当院や多くの大学病院にある「コードブルー」(心肺停止のような急変対応)とはまた別の機能として、異変を察知し重症化を最小限に留めるという役割です。これまで培った知識や技術が活かせ、さらにステップアップにつながるのではと思い、研修を経てRRTのコアメンバーになりました。
 「患者さんの状態が悪いです」と呼ばれたら直ちに駆けつけ、患者さんのそれまでの状況もわからないまま、GICUほどモニター機器が完備されていない場所で即座にアセスメントしなければなりません。病態や方針を踏まえた介入や、多くの診療科・職種とのコミュニケーションは、たくさんの経験につながります。

クリティカルケアのおもしろさを
看護実践を通して後輩に伝えたい

 RRTとして現場の担当看護師から短時間で患者さんの状況を聴取し、「なにが問題なのか」を判断します。初めて会う看護師でも、同じ看護師として聞き出しやすい話題、内容を中心にコミュニケーションをとり、要点を引き出すようにしています。どんな要請であっても「呼んでくれてありがとう」と伝え、それが次のコールにつながっています。
 たとえ患者さんの小さな変化でも、現場の看護師が「何かおかしい」と気づいたことに対し、「こう思いますよ」と伝えるだけで、安心してくれることもあります。また、院内ですれ違った際に「この間はありがとうございました」と声をかけてくれることもあり、自分の経験が活かされたと思えたときはRRTの活動をして良かったなと思います。
 以前は、GICU退室後の患者さんの様子を目にすることはほとんどありませんでしたが、RRT活動を通して一般病棟でお目にかかると、あのときの介入が今の回復につながっていると線で考えられるようになりました。「こんなに良くなったんだ」と実感できる機会があり、やりがいを感じます。
 今後もRRTを通し、GICUでのフィジカルアセスメント力や介入の技術を、病院全体で発揮できるように成長していきたいと思います。また、GICUでは後輩の指導も私の大切な仕事です。後輩が日々のケアの中でアセスメント力をつけ、いつかRRTのメンバーとして、GICUの外でも力が発揮できるようなかかわりをしていきたいです。
 日々の看護実践を通して、クリティカルケアの楽しさややりがいを後輩に見せられるような看護師を目指します。

写真
ユニフォームの背には「RST/RRT」の文字が。RST(Respiratory Support Team)とは呼吸療法サポートチームのことで、北里では2006年に結成された。毎日の回診では、現場の医療者とともにケアや治療に携わる。
写真
GICUで森安さん(左)とRRT介入時の振り返りを行う。森安さんは憧れの先輩であり、ロールモデルでもある。

RRT 要請件数日本トップレベルは、
チーム医療が根付いた北里だからこそ

 当院のRRT要請件数は、2017年度700件と全国でトップレベルです。主治医を越えて、直接RRTにコールしていいのかためらう施設も多いと聞きますが、当院の成功は、職種を超えた風通しの良さとチーム医療が根付く風土にあると言えます。
 これまで重症患者さんばかりを看ていたGICU看護師が、RRTとして一般病棟に出向くことで、自分たちがケアした患者さんが歩いたり、食事をしたりする姿を見られることがやりがいにつながります。RRTは看護師の新たなキャリアアップと捉え、今後もRRT活動ができる後輩の育成に力を入れていきたいと思います。

写真
集中ケア認定看護師 RST/RRT室専従
森安 恵実さん

Photo Gallery フォトギャラリー

  • 写真:
                患者さんの回復を願い「その人らしく」を大切に、常にみんなで考え治療・ケアにあたるチームワークの良さが自慢だ。
  • 写真:
                RRT(Rapid ResponseTeam)とは、欧米を先駆けに日本国内でも導入が進んでいる「急変前に対応する初動チーム」のこと。院内を横断的に活動し、致死性の高い急変発生時やスタッフが異変に気づいたときに直接連絡を受け、駆けつける。
  • 写真:
                新人看護師集合研修―みんなでグループワーク
  • 写真:
                新人看護師集合研修―多重課題シミュレーション
  • 写真:
                シナリオを用いたフィジカルイグザミネーション研修
  • 写真:
                新人看護師部署別集合写真