> 公益財団法人 がん研究会 有明病院 | 教育研修制度 2020年度
THE LEADING NURSE[リーディングナースTOPに戻る]

SPECIAL TOPIC 2 教育研修制度 [卒後研修からキャリアアップまで]

写真:公益財団法人 がん研究会 有明病院の教育研修制度

看護の基本的な知識・技術だけでなく、
患者さんと向き合う姿勢も学ぶ
5日間の技術研修

公益財団法人 がん研究会 有明病院

〒135-8550 東京都江東区有明3-8-31

看護技術の基本をベースにがん専門領域の学びを深める

 当院は日本初のがん専門病院として開設され、病床数は686床を有します。がん医療を必要とする患者さんに質の高い医療を提供するため、専門性を備えた看護師が活躍しています。

 がん専門病院であっても複数の疾患を抱えている患者さんも多いため、基礎的知識・技術が求められます。新卒看護師を対象とした技術研修は、2018年から5日間コースの技術研修の場を設け、輸液管理、輸液ポンプ、採血、血糖測定など、基本的な看護技術を身につけられるプログラムを導入しました。このコースは3日間で看護技術の基本を学び、その後2日間で復習とテストを実施します。

 このほかにもフィジカルアセスメント、看護記録、看護診断、1年の振り返りなどのラダー研修を行い、新人の成長を支えています。研修の形式は講義と演習で、グループワークを主体としたものが多くあります。また、部署ラウンドや面談を実施し、精神面をサポートしています。

 2年目以降もキャリアラダーに沿った研修が用意されているので、着実にスキルアップできます。専門看護コースでは、がん看護に必要な3領域「がん性疼痛看護」「化学療法看護」「放射線療法看護」の専門知識を学べます。当院には、専門看護師や認定看護師が多く在籍しているので、専門領域の知識を深めることができます。

 新卒で専門病院に入職することに不安を感じる声も聞きますが、専門病院であっても看護の基本は同じです。看護の基本を習得したうえで、がん看護の専門性を高められるのが当院の特徴です。患者さんのニーズに応えられる看護師として成長できるようサポートしています。

写真

教育担当室 師長
中山 章子さん

看護師としての基本的な技術を学べる教育プログラム 1年目は看護技術を徹底して学べるので、安心。研修での学びを実践の場で生かしていく。