> 東京都立病院(出町 美奈さん) | 先輩看護師からのメッセージ 2019年度

THE LEADING NURSE

東京都東京都立病院

〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎24階中央

03-5320-5821

Special Topic 1 このページにも掲載中!「看護部長インタビュー」を読む
墨東病院 外科・消化器内科・婦人科病棟(2012年入職)
出町 美奈さん
青森県出身 東京都立府中看護専門学校卒業

この病院のナースを見る

写真

出町 美奈さん

写真

岡内 愛香さん

写真:出町 美奈さん

患者さんに寄り添うことは
簡単ではない。
キャリアを積むことで実感し、
全力で患者さんと向き合う日々

医療者の自己満足ではなく、
患者さんやご家族の思いを優先する

 幼少期から将来は看護師になりたいという思いがありました。病院見学会に参加し、スタッフの熱い思いに圧倒されたことと、急性期病院であり、これから変革していく勢いを感じ、ここで働きたいと思いました。
 病棟では術前・術後の管理、ドレーン管理、早期離床後のリハビリ、ストーマケア、薬剤管理、精神面のサポートなど、さまざまな疾患を学べると同時に幅広い看護に携わることができ、視野も広がっています。
 以前、多発性リンパ腫で在宅医療を選択した30代の患者さんがいました。何度も話し合いを重ね、ご本人もご家族も納得して在宅医療に移行し在宅で最期を迎えられました。その後、ご家族が自宅での様子を収めたアルバムを届けてくれました。スタッフ全員涙が止まりませんでしたが、少しでも支えになれたことに安堵しました。
 在宅医療への移行は、ご家族の生活を一変させます。医療者側の自己満足だけではなくご家族の希望を優先することが、緩和ケアに必要だと痛感しました。
 入職当初は「患者さんに寄り添う」と簡単に言葉にしていましたが、最近ではそれを実行する難しさを感じています。その日に受け持つ患者さんと真摯に向き合い、全力でかかわることを心がけています。
 現在は通信教育で大学に在籍して、仕事と学業を両立しています。がん疾患や心理学の学びを深めるうちに、認定心理士の資格取得や国際看護にも興味が出てきました。将来は、がん領域の認定看護師の資格取得も視野に入れ、看護に取り組んでいます。

写真
ストーマを造設する患者さんも多いため、自宅で自己管理できるよう説明していく。

Photo Gallery フォトギャラリー

  • 写真:
                病棟での専門性の高いケアとともに、ジェネラルコースのがん研修では、多角的視点から知識を学ぶことができる。
  • 写真:
                病棟では看護師だけでなく、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカーのほか、保育士との連携も重要となる。
  • 写真:
                広尾病院内では、開放感のある空中庭園で患者さんのお話をじっくりお聞きし、向き合うことができます。
  • 写真:
                外国人患者さんに向け、英語併記の入院のご案内を作成しています。

この病院のナースを見る

写真

出町 美奈さん

写真

岡内 愛香さん

Special Topic 1

このページにも掲載中!

特集【看護部長インタビュー】を読む