> 東邦大学医療センター佐倉病院(伴さん) | 先輩看護師からのメッセージ 2019年度

THE LEADING NURSE

東京都千葉県東邦大学医療センター

■東邦大学医療センター大森病院
東京都大田区大森西6-11-1
03-5763-6502(看護管理室直通)
■東邦大学医療センター大橋病院
東京都目黒区大橋2-17-6
03-5453-5158(看護管理室直通)
■東邦大学医療センター佐倉病院
千葉県佐倉市下志津564-1
0120-700-364(看護管理室直通)
Special Topic 4 このページにも掲載中!「ナースの時間活用法」を読む
佐倉病院 消化器内科・外科、呼吸器外科病棟(2017年入職)
さん(左)
新潟県出身 新潟医療福祉大学卒業

この病院のナースを見る

写真

西さん

写真

岩井さん

写真

伴さん

写真:伴さん

ストーマを造設した患者さんが
セルフケアできるように装具を選択し、
手技を指導。
患者さんから喜ばれ、とても嬉しかった

患者さんのニーズと個別性に合わせた
看護を提供するために勉強中

 大学のゼミの先生から佐倉病院を薦められ、インターンシップに参加しました。スタッフが笑顔で働いていることが印象的で、私もこんな温かい雰囲気の病院で働きたいと思いました。将来的には緩和ケアを専門にしたいと思っていたので、消化器病棟でがん患者さんの継続看護ができることも魅力でした。
 当病棟にはストーマを造設する患者さんが多いのですが、以前担当した患者さんは、それまでのストーマ装具が使いにくそうでした。そこで認定看護師に相談し、患者さんの経済状況や体の特徴などを考えて、患者さんと一緒に何種類かの中から装具を選び、取り換えました。それに伴い、患者さんのセルフケアをもう一度見直し、うまくできていない部分を指導し手技の確立を支援しました。何日後かにその患者さんから「この装具、前とは違って使いやすく、自分でもできるようになったよ。ありがとう」と言われ、とても嬉しくなりました。これをきっかけに、自分の看護に少し自信が持てるようになりました。これからも患者さんのニーズに合わせた個別性のある看護を提供できるように、技術や知識をしっかり身に付けていきたいと思います。
 さらに患者さんの病態だけでなく、経済面や生活面も見られるようになりたいと思っています。そのために、まずは日々の業務の中でわからないことがないように、一つひとつ自分で調べた上で、わからないことは先輩に聞きながら、確実にできるようにしたいと思っています。

写真
ベッドサイドで患者さんに声かけをする。生活面まで考えたケアを提供するためには、患者さんとの何気ない会話も大切。

Photo Gallery フォトギャラリー

  • 写真:
                術前には、患者さんに名前を名乗り、丁寧に声かけや傾聴を行う。術後に目覚めた患者さんが、笑顔で「西さん」と名前を呼んでくれたとき、とても嬉しかった。
  • 写真:
                麻酔科外来で患者さんに手術の説明を行う。安心して手術を受けてもらうための大切な仕事。
  • 写真:
                患者さんの状態を把握し、的確なアセスメントができるようになることが目標。「患者さんに信頼してもらえる看護師になりたい」という岩井さん。
  • 写真:
                手術室に入室する患者さんの移送では、緊張している患者さんの配慮と安全な移送に集中する。

この病院のナースを見る

写真

西さん

写真

岩井さん

写真

伴さん

Special Topic 4

このページにも掲載中!

特集【ナースの時間活用法】を読む