> 国家公務員共済組合連合会 虎の門病院(宗村 美江子さん) | 看護部長インタビュー 2018年度

THE LEADING NURSE

SPECIAL TOPIC 1 看護部長インタビュー [トップが語る学生へのメッセージ]

SPECIAL TOPIC 1

[トップが語る学生へのメッセージ]
看護部長インタビュー

数々の研修を受講することで
自律性を育み、
本当の意味での
プライマリ・ナースとして成長

国家公務員共済組合連合会 虎の門病院

副院長・看護部長

美江子さん

2年間は新人という位置づけで、
基本的な看護技術を習得

貴院が学生からの人気が高い要因や魅力はどこにあるのでしょうか。

 当院の特徴として挙げられるのは、附属の大学や関連施設を持っていないため、全国からさまざまな人材が入職してくることです。そのため特定の学校に偏ることなく、それぞれの個性を生かして「虎の門病院」を創り上げていこうという土壌が、開院当時から培われています。そうした職員全員が一丸となって、ひとつの目標に向かい病院を支えている風土が魅力となっているのかもしれません。
 またもうひとつは「プライマリ・ナーシング」を実践したいと希望する学生が多いことです。プライマリ・ナーシングは、患者さんをひとりのナースが入院から退院まで一貫して受け持つ制度。複数のナースが担当していると、患者さんは誰が自分全体を見てくれるのか不安な状態となります。そこで当院では、患者さんの視点に立った看護を提供するため、プライマリ・ナースが患者さんを把握し、ケアの方針を立て実践に責任を持ちます。その結果、患者さんには安心感が生まれ、ナースには自分の患者さんという意識が育ち熱心に患者さんにかかわるのです。

教育の特徴を教えてください。

 当院ではキャリアラダーを導入し、着実にステップアップできる環境を用意しています。院内教育の柱となるのは「患者さん中心の看護を実践できるプライマリ・ナースの育成」です。患者さんのために自分自身が向上したい、成長したいという気持ちが大切です。基本的な知識や技術の習得だけでなく、感性や価値観も早い段階から培っていきます。
 特にナースとしての基礎を築く新人教育に力を入れています。新人コースでは入職後2年間は新人という位置づけで、各自のペースで日常の看護技術や知識を身に付けられる内容となっています。
 新人のナースたちに初めから高度な知識や技術を求めているわけではありません。入職後の研修や現場での経験を通じて、徐々に習得してもらえればよいと思っています。新人コースは必須ですが、それ以降は自主的に研修を選択し自らを高めていきます。新人たちは自律性をもって自己研鑽する先輩の姿を見ることで、自分もそうなりたいという目標を持ち、自ら学ぶ姿勢も自然に浸透していきます。
 4年目以降はプライマリ・ナースとしての成長を主軸に、入門、中級、上級の3段階のプログラムがあります。これらの研修は実践を通じて自己の課題を見つけていくものですが、受講することで本当の意味での「患者さん中心の看護」を理解し実践できるようになります。それまで自分では「患者さん中心の看護」を行っていたつもりでも、自己満足に過ぎず、「自分が満足する看護」であったという気づきが生まれます。実践や研修によって、バランスの取れたプライマリ・ナースとして成長していきます。

自分の考えを自分の言葉で述べることが
プライマリ・ナースに求められる資質

教育だけでなく、看護界に先駆けた取り組みも行っていますね。

 教育環境の充実だけでなく、独自のさまざまな取り組みを行っています。そのひとつが、当院が独自に開発したシステムTNS( Toranomon Nursing System)です。これは各病棟でのナースの看護業務量を測るもの。業務量を数値化することにより、どの患者さんにも公平な看護ケアの提供が可能となり、どの病棟でもナースが働きやすい環境を整えることができました。
 また看護の質を高めるためには、次世代の看護管理者の育成も欠かせません。当院では、看護管理者が自分の管理を振り返るツールとして「看護管理者のコンピテンシー・モデル」を開発し運用しています。コンピテンシーとは、卓越した業績を積む人材が持つ行動特性です。成果につながる行動レベルの基準に照らして、自分の実践はどうであったかを考察し、上司から承認やフィードバックを受けます。その結果、看護管理者としてのやりがいも生まれているようです。看護管理者のモチベーションアップにつながったという声もあります。こうした他院に先駆けて新しい取り組みにチャレンジしていく姿勢も、虎の門ナースの強みだと思っています。

求める人材像をお聞かせください。

 私たちが求めるのは、自分の考えを自分の言葉で述べられる人です。ナースは患者さんの代弁者でもあります。患者さんが医師に直接聞けないときなど、その思いを聞き伝えることも必要です。また医師からの指示をそのまま受けるのではなく情報を分析し、患者さんに不利益を与えないよう、疑問が生じたら意見を言えることもプライマリ・ナーシングを実践していくために必要な資質です。

看護学生へのメッセージをお願いします。

 新卒後、初めにどの病院でスタートするかは、その後のナースとしてのキャリアや人生に大きく影響します。自分の希望する病院のインターンシップや病院見学会に参加して、自分の目で確認して自分に合った病院を選択してください。
 ナースは若くして人の人生に立ち会い、ときには死と向き合わなければならない苦しい側面もあります。生命を預かる責任ある仕事ですが、やりがいや喜びも数多くあります。人生観や死生観を考える機会が多くあるため、人間として成長できるすばらしい職業だと思います。
 女性の場合は結婚、出産、育児などライフスタイルの変化により、さまざまな選択を迫られるときがあります。しかしできる限り壁を乗り越え、ナースとしての誇りを持ち、看護の仕事を継続してほしいと思います。私たちは一人ひとりの成長を見守り、サポートしていきます。ナースとしての第一歩を当院でスタートさせてください。

虎の門病院

[住所]〒105-8470 東京都港区虎ノ門2-2-2

Profile プロフィール

むねむら みえこ

新潟大学医療技術短期大学部看護学科卒業後入職。厚生省(当時)出向を経て2002 年看護部長、2008 年より現職。看護部長在任中に筑波大学大学院修士課程、東京医科歯科大学大学院修士課程を修了。

自分の新人時代を振り返ると、先輩たちの学ぶ姿に影響を受け、いいケアを行う目標が生まれ、看護の仕事を続けられたという宗村さん。学生時代は勉強も大切だが、多くの経験を積み有意義な時間を過ごしてほしいという。

この病院のナースを見る

穐山 朋子さん

中澤 舞さん