> 東京医科大学病院(荒井 由美菜さん) | 先輩看護師からのメッセージ 2018年度

THE LEADING NURSE

東京都東京医科大学病院

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-7-1

03-5339-3733(平日9:00~17:00)

SPECIAL TOPIC 3 このページにも掲載中!「チーム医療」を読む
集中治療部(2016年入職)
荒井 由美菜さん
北海道出身 つくば国際大学卒業

この病院のナースを見る

米原 裕子さん

荒井 由美菜さん

患者さんの生死に直面する
厳しい現場。
日々の学びと経験を重ねることが、
ICU看護での
喜びとやりがいにつながる

習得すべき知識や技術は、
実践と研修で自信をつけていく

 配属された集中治療部は、生命を救う現場。急性期の集中治療を行うため、患者層や疾患も幅広く、初めは戸惑いました。現場では1年目から入室が取れるよう血圧測定、清潔管理、点滴管理など、基本的な技術を習得します。また患者さんの状況を想定し、シミュレーターを用いて実践的に学べる体制となっています。
 ICUに欠かせない人工呼吸器など器械に関する知識は、認定看護師から深く掘り下げて学べます。初めは生命に直結するため恐いと思っていましたが、知識や技術を習得することで少しずつ自信をもってケアを行えるようになりました。
 ケアを行ううえで心がけていることは“家族と思って接すること”です。意識のない患者さんに対しても、手を握ったり、常に挨拶などの声かけを行うなど、聞こえていると信じて患者さんと接しています。
 人工呼吸器の抜管時に鎮静を切ったため、つらいと訴えていた患者さんを受け持ちました。ずっとそばに寄り添い手をにぎり、声かけを行うことしかできませんでしたが、その後「あなたがいてくれて安心だった」と言ってもらえたとき、患者さんの支えになれたことにやりがいを感じました。
 つらい状況を乗り越えた患者さんが無事に回復され、笑顔で一般病棟に移られるときが、命を救えてよかったという安堵感と喜びにつながっています。
 今後は家族看護を学び、患者さんだけでなくご家族に対してもサポートできる看護師として成長していきたいと思います。

先輩からの指導で、基本的な技術を着実に身に付けていく。

Photo Gallery フォトギャラリー

この病院のナースを見る

米原 裕子さん

荒井 由美菜さん

SPECIAL TOPIC 3

このページにも掲載中!

特集【チーム医療】を読む