> 杏林大学医学部付属病院(宮本 理沙さん) | 先輩看護師からのメッセージ 2018年度

THE LEADING NURSE

東京都杏林大学医学部付属病院

〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2

0422-47-3707(人事課直通)

呼吸器内科病棟(2011年入職)
宮本 理沙さん
大分県出身 杏林大学医学部付属看護専門学校卒業

この病院のナースを見る

福島 寿一さん

宮本 理沙さん

宮本 理沙さん

新人のときは
杏林看護部独自の教育体制で、
病棟の先輩全員から
サポートを受け成長。
今は先輩のひとりとして、
新人を見守ります

教育担当者になれるくらいの
知識と技術を身に付けるのが今の目標

 付属の学校で学んでいたので、当院のさまざまな病棟で臨地実習を行いました。中でも、担当した呼吸器疾患患者さんとの印象深いかかわりがあったことと、患者さんを中心とした医師と看護師の関係、特にディスカッションが良好に行われていると感じたことから、呼吸器内科病棟への就職を希望しました。
 しかし、実際に働いてみて感じたことは、学生のときは穏やかで温かい雰囲気に思えた病棟も、終末期の患者さんが多く入院されていて、命と向き合う厳しい現場だということ。そのような現場ですが、当院看護部独自の教育システム「アプリコットナースサポートシステム(ANSS)」により、新人看護師は安心・安全に成長していく体制がしっかり作られています。
 ANSSの特長は、「教育担当者」を中心に、病棟の看護師全員がそれぞれ役割を持って新人看護師にかかわり、新人看護師が学ぶべき技術項目を、病棟の看護師全員が把握できるように「スケジュールパス」が作成されている点です。新人看護師は段階を踏んで確実に知識や技術を習得してから、次の行為に自信を持って進むことができるので、私は入職してから今まで、一度も辛くて辞めたいと思ったことはありません。
 今年は入職7年目を迎えるので、先輩として新人看護師をサポートできるようにならなくてはと思っています。そして今後の目標は、教育担当者のように豊富な知識と確実な技術を身に付けるなど、よりいっそう看護の質を高める努力を続け、新人看護師を支えられるようになることです。

医師を交えたカンファレンスでは、経験年数や職種を越えて誰でも積極的に発言でき、コミュニケーションも活発。

Photo Gallery フォトギャラリー

この病院のナースを見る

福島 寿一さん

宮本 理沙さん