> 獨協医科大学越谷病院(久我 麻衣子さん) | 先輩看護師からのメッセージ 2018年度

THE LEADING NURSE

埼玉県獨協医科大学越谷病院

〒343-8555 埼玉県越谷市南越谷2-1-50

048-965-1111

小児科病棟(2015年入職)
久我 麻衣子さん
東京都出身 目白大学卒業

この病院のナースを見る

渡部 涼太さん

渡部 涼太さん

久我 麻衣子さん

久我 麻衣子さん

先輩看護師が患児一人ひとりに
優しく声をかけている姿を見て、
私もここで看護をしたいと
思いました

患児の病態や症状だけでなく、
精神面もサポートできるようになりたい

 もともと子どもの面倒をみるのが好きだったので、小児科で働きたいと思っていました。そのためインターンシップも、小児科病棟だけに絞りました。当院の小児科病棟で働く先輩たちが、患児一人ひとりに優しく声をかけ、ご家族に細やかな配慮をしている姿を見て、私もここで看護をしたいと思いました。
 小児科病棟のスタッフの一員となった現在も、知識や技術で不安なことを気軽に質問したり、プライベートな悩みを相談したり、しっかり話を聞いてくれる先輩たちばかりで、温かい環境だと感じています。
 手術目的で入院した患児のお母さんが、初めての手術に不安で涙ぐんでいたとき、先輩は親身になって話を聞き、病状や手術についてわかりやすく説明していました。私も先輩のように、患児の病態や症状だけでなく、ご家族の精神面もサポートできる看護師になりたいと思い、勉強中です。
 また、面会時間しか我が子と会えない親御さんのために、それ以外の時間の患児の様子をできるだけ伝えるようにしています。そうすることで、親御さんはとても安心されます。コミュニケーションを大切にし、患児と家族とを結ぶ架け橋のような役割を果たしたいと思っています。
 ローテーション研修では、成人病棟で1カ月の業務を行い、小児病棟では経験できない技術や知識を得られ、とても勉強になりました。今後も小児看護を続けたいという思いに変わりはありませんが、視野を広げるために何年か成人病棟を経験してから、再び小児病棟で働くことも考えています。

プレイルームで患児と遊びながら、お母さんの話を聞き、不安な気持ちに寄り添う。

Photo Gallery フォトギャラリー

この病院のナースを見る

渡部 涼太さん

渡部 涼太さん

久我 麻衣子さん

久我 麻衣子さん