> 東京都立病院 | ナースの時間活用法 2016年度

看護学生・看護師の就職活動サイト【ナース専科就職ナビ】

THE LEADING NURSE

special topic5 自律したナースのライフスタイル ナースの時間活用法


京都府出身/京都府立医科大学卒業

仕事中は患者さんと
ふれ合う時間を大切にし、
オフは自分のための
時間を満喫しています

松沢病院 精神科救急・急性期病棟(2014年入職) 谷澤早紀さん

東京都立病院
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎29階中央

趣味のバイオリン演奏で、患者さんの心を癒せるようになりたい

 心を病む方々の話を傾聴し、少しでも不安や恐怖を和らげたいと思い、精神科の看護師を目指しました。当院のインターンシップに参加し、患者さんに対するスタッフの丁寧なかかわり方を間近で見て、この病院で看護師になろうと決めました。

 入職後に実感したのは、患者さんとふれ合える時間が多いということ。患者さんの状態が安定してきて、その人らしさを取り戻す過程をともにできたとき、やりがいを感じます。「お世話になりました」と笑顔で退院される患者さんを見送るたびに嬉しく思い、同時に、もっと患者さんの心を受け止め、寄り添える看護師になりたいと決意を新たにしています。

 また、新人教育体制が充実していることも当院の魅力の一つです。4月は基本技術をしっかり学び、5月には急変時の看護とAED研修。6月にはチームメンバーの役割理解など、1カ月ごとに研修プログラムが用意されていて、着実にステップアップができます。

 プライベートでは同期の仲間とバーベキューをしたり、カンボジア旅行に行ったり、オンとオフはしっかり切り替えるようにしています。上京してからまだ行ったことのない場所も多いので、休日にはもっと東京観光をしたいですね。 

 趣味はバイオリンを弾くことです。オーケストラでの演奏を目指して練習に取り組んでいます。楽器を演奏できる先輩たちと一緒に、音楽で患者さんを癒せるようになることが目標です。

  • 説明会情報を見る
  • 資料を取り寄せる
  • 病院詳細を見る