> 筑波大学附属病院(山下貴郁さん) | 先輩看護師からのメッセージ 2016年度

看護学生・看護師の就職活動サイト【ナース専科就職ナビ】

THE LEADING NURSE

[茨城県]筑波大学附属病院

住所:
〒305-8576 茨城県つくば市天久保2-1-1

TEL:
029-853-3514(人事担当/丸橋)
  • 説明会情報を見る
  • 資料を取り寄せる
  • 病院詳細を見る

このページにも掲載中! 教育研修制度

消化器内科病棟(2011年入職)
山下 貴郁さん
北海道出身 茨城県立つくば看護専門学校卒業

価値観やご家族との関係など、
さまざまな事柄が複雑に絡み合う状況で、
多職種間の調整役となり退院を支援

終末期の看取りから家族ケアまで、
幅広い看護ケアが求められる現場

勤務する消化器内科病棟は、消化器全般の疾患を対象としますが、なかでもがんの患者さんが大半を占めています。

完治するケースは少なく、患者さんは入退院を繰り返しながら疾患と付き合っていきます。抗がん剤使用について副作用に対する不安を訴え躊躇される方には、丁寧にお話をうかがいながら治療に取り組めるようサポートすることも看護師の役目です。

また、終末期の看取り看護や家族ケアも重要な仕事の一つです。患者さんの生活背景や価値観を考え、残された時間をどう過ごすか緩和ケア認定看護師など専門的立場からのアドバイスを受けながら、ご家族に「よい看取りができた」と思っていただけるようなかかわりを目指しています。

現在、病棟では退院支援の調整役を担っています。スタッフに入院時から退院に向けた支援の必要性を広めることが目標です。多職種でのカンファレンスや勉強会では、学会に参加しての学びを還元しています。

研究活動では、ご家族と疎遠になっている独居の患者さんの退院支援をテーマに学会発表を行いました。外来看護師や地域連携部門のスタッフと、毎日遅くまで意見を出し合いながら論文をまとめました。この事例では、患者さんはご家族の元へ帰られたのですが、再入院して亡くなられたとき、ご家族がずっと寄り添っている姿が印象的でした。看護の意義を改めて感じた瞬間でした。

後輩に指導することが好きなので、将来的には教育分野に進み、教育と臨床現場をつなぐ役割を果たしたいと思います。

可能な限り患者さんのベッドサイドに足を運び、患者さんの思いを大切にした看護を提供している。

フォトギャラリー

  • 説明会情報を見る
  • 資料を取り寄せる
  • 病院詳細を見る