> 東京大学医学部附属病院(山口雄志さん) | 先輩看護師からのメッセージ 2016年度

看護学生・看護師の就職活動サイト【ナース専科就職ナビ】

THE LEADING NURSE

[東京都]東京大学医学部附属病院

住所:
〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1

TEL:
03-3815-5411(代表)、03-5800-6520(看護部事務室)
  • 説明会情報を見る
  • 資料を取り寄せる
  • 病院詳細を見る
救命救急センター 救命ICU(2007年入職)
山口 雄志さん
滋賀県出身 藤田保健衛生大学卒業

日々刻々と状態が変化する
救命ICUは、
患者さんの生命をつなぐ現場。
そこに大きな達成感と
やりがいがある

ICUで求められるのは
観察力とアセスメント能力

大学卒業後、附属の大学病院で5年間勤務しました。混合内科で幅広い疾患やケアを学び、基本的なスキルは身に付きましたが、さらにスキルアップを目指すため当院に転職を決意しました。症例数の多さと、大学院進学のサポート体制が整っていることに加え、将来は在宅も視野に入れた看護を行いたいと考え、老年病科がある当院に絞りました。

まず最先端の医療現場で、あらゆる疾患に対応できるスキルを磨きたいと思い、救命救急センターを希望し配属となりました。しかし、最初は初めての急性期の現場に戸惑うことばかりでした。先輩たちのアドバイスで不安や疑問点も解決できたことが安心や自信につながり、今の自分があると感じています。

現在は救急外来から救命ICUに異動し、生命の危機的状況下にある患者さんが1日も早く状態を安定させ回復するためのケアを行っています。重症集中ケアでは、表情や全身状態から患者さんを総合的に捉える観察力と的確なアセスメント能力が求められます。そのため、カンファレンスや勉強会を通じて、知識やスキルの習得に励んでいます。

ICUに限らず、患者さん自身の持っている力を最大限に引き出し、回復に向けて支えることが看護師の役割だと思っています。日々刻々と状態が変化する現場で生命を救えた時、達成感とやりがいを感じます。

まだ疾患の理解や集中管理など勉強中ですが、さらに知識や技術を増やして自分なりの看護を実践することが目標です。そして将来、老年看護や地域看護の領域を学び、慢性期の患者さんにかかわりたいと思います。

スタッフとのコミュニケーションもスムーズ。日常の中での情報共有も図られている。

フォトギャラリー

  • 説明会情報を見る
  • 資料を取り寄せる
  • 病院詳細を見る