> 聖路加国際病院(古内早紀さん) | 先輩看護師からのメッセージ 2016年度

看護学生・看護師の就職活動サイト【ナース専科就職ナビ】

THE LEADING NURSE

[東京都]聖路加国際病院

住所:
〒104-8560 東京都中央区明石町9-1

TEL:
03-5550-7065(人事課)
  • 説明会情報を見る
  • 資料を取り寄せる
  • 病院詳細を見る
6階東病棟(2014年入職)
古内 早紀さん
福島県出身 聖路加看護大学卒業

幼い子どもにも個別性があり対応も違う。
患児・ご家族の両方を不安にさせない
知識と的確な応対が必要とされます

笑顔でいきいきと働く先輩の姿に
自らの未来をイメージして

看護師を目指したのは、小学生の頃、祖父が倒れた時に対応してくれた看護師に感銘を受けたのがきっかけです。「患者さんの一番近くで深くかかわることができる素晴らしい職業」だと思い、看護師になると決めました。小児がんについて学ぶため、大学は地元福島から、聖路加看護大学へと進みました。

実習では10病院ほど回り、当院のインターンシップにも参加しました。希望領域が絞れていなかったのですが、複数回参加して多くの領域を見学し、一番興味を引かれた小児に決めました。また、どの先輩もそれぞれ突き詰めたい看護観をしっかり持っていて、病院全体の看護の質が非常に高いことを実感。先輩たちのように楽しく働いている自分の将来をイメージでき、入職を決めました。

入職してから感じたのは、学びを深められる機会が豊富にあるということです。ドクターが「患児の体内で何が起きているか」と解説してくれたり、看護部検討会に参加した先輩が知識を共有してくれたりする勉強会もあります。私も感染管理の勉強会などに参加して、より良い環境づくりに取り組んでいます。

小児病棟では、患児とご家族への対応に十分な心配りが必要です。検査前の説明で言葉が不足して患児を泣かせてしまった時や、受け持ちの患児が亡くなり「もっとやれることがあったのでは」と落ち込んだ時には、自分の思いを聞いてくれる場を先輩たちが設けてくれて、乗り越えることができました。

それぞれが独自の到達目標を持っていきいきと働いている先輩たちに囲まれ、いずれは自分もそんな看護師になりたいと日々勉強中です。

引継ぎ時には患児の体調の観察結果や薬剤についてなど、細かく伝達する。

フォトギャラリー

  • 説明会情報を見る
  • 資料を取り寄せる
  • 病院詳細を見る