> 北里大学病院(藤坂真彩さん、平本怜子さん) | 先輩看護師からのメッセージ 2016年度

看護学生・看護師の就職活動サイト【ナース専科就職ナビ】

THE LEADING NURSE

[神奈川県]北里大学病院

住所:
〒252-0375 神奈川県相模原市南区北里1-15-1|
TEL:
042-778-8111
  • 説明会情報を見る
  • 資料を取り寄せる
  • 病院詳細を見る
産科病棟(2014年入職)
藤坂 真彩さん
秋田県出身 新潟大学卒業
産科病棟(2006年入職)
平本 怜子さん
神奈川県出身 北里大学卒業

目指すは先輩のようなプリセプター。
いつも明るくて、後輩をあたたかく見守り、安心感があって、頼りにされる存在になりたい

入職5カ月目の経験をバネに
振り返りと努力で大きく成長

平本 プリセプターの期間は6カ月間でしたが、それ以降も気にかけて、ちょくちょく様子を見ていましたよ。
藤坂 平本さんと同じ勤務の時は安心して仕事ができましたし、いない時でも、他の先輩が指導してくれるので心強かったです。
平本 藤坂さんの良いところは、わからないことを「わからない」と、自分からしっかり言えるところだと思います。
藤坂 最初は「わからない」と言うことに、すごく勇気がいりました。でも、わからないままでケアしていては、患者さんに迷惑がかかるし、ミスにもつながると思って……。ただ、平本さんだからこそ聞きやすく、相談することができたのだと思います。
平本 この1年で藤坂さんが大きく成長できた出来事がありましたよね。
藤坂 はい、入職5カ月の時、私が確認不十分でヒヤッとしたときのことですよね。
平本 そう、ちょうどその頃になると、新人はできることが増えてくるので、いろいろなことを任されるようになり、慣れもあってミスが起こりやすい時期ですよね。
藤坂 患者さんに直接的な影響はなかったにせよ、本当に落ち込みました。そんな時、平本さんは一緒に振り返りをしてくれ、今までの経過を踏まえ、何がいけなかったのかを根拠を示しながら教えてくれたので納得でき、前に進むことができました。
平本 それ以来、指示書の確認もよりしっかり行うようになったし、記録などの書き方も全然違ってきましたよね。
藤坂 自分でしっかりと記述するようになったら、他の人の記録も「こういう経過をたどってきているんだな」と、観察すべきポイントがわかってきました。

2年目の課題は精神面にも目を向け、
ケアできるようになること

平本 藤坂さんは現在、一通りの業務がこなせるようになり、今では少しハイリスクの患者さんも任せられるようになってきましたが、今の自分の課題は何ですか。
藤坂 まだ、疾患ばかりに目がいきがちですが、先輩たちを見ていると、「長く入院されている患者さんのストレスにどう対処したらいいか」など、しっかり精神面の支援もしています。そこで私も、患者さんに安心していただけるにはどうしたらいいかを考え、なるべく自分から声をかけるようにしています。そのため2年目の課題は、疾患だけでなく患者さんの精神面にも目を向け、ケアしていけるようになることです。
平本 そうですね。その上で、産科特有の疾患や合併症についてもう少し深く勉強し、根拠となるものを持てると、もっと自信を持ってケアできるようになり、さらに一回り大きくなれると思います。
藤坂 はい、ありがとうございます。私も平本さんのようにいつも明るく、あたたかく後輩を指導し、見守っていけるプリセプターとして、後輩から頼りにされる存在になりたいと思います。
平本 プリセプターは人にどう説明したらわかってもらえるかを考えることが勉強になり、教えることで気づきも多いです。藤坂さんならきっといいプリセプターになれると思うので、これからも一緒に頑張っていきましょう。
プリセプティーの藤坂さんとプリセプターの平本さん。
助産師歴9年目を迎える平本さんは藤坂さんの目標であり、役割モデルだ。
同院の産科病棟は母児同室。授乳についてお母さんから質問を受ける藤坂さんの側でフォローする平本さん。

養育のスタートだからこそ
生活体験を重視した指導を

産科病棟は母子2人の命を預かる場です。大学病院であるため、合併症などのリスクを抱えた妊婦さんも多く入院されています。また、年間の分娩件数が約1000件、その4割が帝王切開で緊急の手術もあります。そのため、産科特有の疾患だけでなく、内科や精神科などの合併症の勉強も必要です。さらに、ローリスク分娩の場合は、入院期間は4日間と短く、その間にお母さん方への精神的なフォローや養育の指導も行わなくてはなりません。新しい家族関係の構築にかかわる看護だからこそ、スタッフにも生活体験を積むことが大切であると考え、指導しています。

産科病棟教育担当者
遊佐 浩子さん

フォトギャラリー

  • 説明会情報を見る
  • 資料を取り寄せる
  • 病院詳細を見る