> 慶應義塾大学病院(色川ゆかりさん) | 先輩看護師からのメッセージ 2016年度

看護学生・看護師の就職活動サイト【ナース専科就職ナビ】

THE LEADING NURSE

[東京都]慶應義塾大学病院

住所:
〒160-8582 東京都新宿区信濃町35

TEL:
03-5363-3719(看護部)
  • 説明会情報を見る
  • 資料を取り寄せる
  • 病院詳細を見る

このページにも掲載中! チーム医療

GICU(2014年入職)
色川 ゆかりさん
東京都出身 聖路加看護大学(現・聖路加国際大学)看護学部卒業

プレッシャーと葛藤が交錯するなか、
先輩に支えられ、一歩ずつ成長。
プライベートも有効に
活用できるゆとりが

求められるスキルの高さに葛藤の日々。
先輩のアドバイスで乗り切る

学生時代から救命救急を学ぶサークルに所属しBLSやACLSなどを勉強するなど、急性期領域を希望していました。教授の勧めで当院の説明会に参加したところ、専門・認定看護師が活躍していること、院内外の急性期重症患者さんの集中的治療に対応しているGICUであることが決め手となり就職を決意しました。

生命に直結する緊張感の伴う現場では、あらゆる疾患、年齢層の方が入室されます。刻々と変化する患者さんの状態を観察し判断して、臨機応変に対応する能力も求められます。初めは知識や技術の補填が追いつかず、プレッシャーと葛藤の日々でした。

そんななか、配属後1カ月はプリセプターと同じ勤務帯で働けたので安心して質問できました。先輩はいつも声かけをしてくれ、プライベートでの生活や自己学習方法などのアドバイスを受けられたので心強かったです。

当院には専門・認定看護師をはじめ理想とする先輩が数多くいるので、目標を持ち、一人前の看護師として成長できることが魅力です。

GICUでの1日の業務は、患者さんの情報収集から始まり、カンファレンスでその情報を共有しています。その後は、受け持ち患者さんのベッドサイドで検温、血圧測定、清潔ケア、点滴管理、記録などの看護業務が中心となります。そのほか手術後の患者さんの受け入れや、常にモニターチェックや観察を行い患者さんに異常がないかを確認することが看護師の役目です。

看護を行ううえで心がけていることは、いつも笑顔で患者さんに接することです。人工呼吸器を装着し意識のない患者さんでも、「手を動かしますね」など、声かけを行いコミュニケーションを図っています。意識のあるなしにかかわらず、笑顔で対応し信頼関係を築いていくことの重要性を実感しています。意識がなく話すこともできなかった患者さんが、呼吸器を離脱し、手足が動くようになり車椅子に乗れるまで回復していく過程をみると、患者さんの持てる力を引き出していく看護の力は、すばらしいと感じるとともに、やりがいを感じる瞬間です。

緊張感のある現場では仕事に集中。
オフは気持ちを切り替えて気分転換

現場で求められる知識はさまざまですが、集合研修のほか病棟では勉強会も開催され、口腔ケア、医療機器の管理、嚥下障害など、必要な知識や技術を習得できる環境が整っています。また初めての疾患や手術がある場合は、問題点を自分で調べて先輩からアドバイスを受けています。院内の図書館には医学書も豊富にそろっているので自己学習にも最適な環境です。仕事帰りや休日に利用しています。

勤務終了後は、隣接しているカフェでひと休みしたり、同期と食事に行ったりして交流を深めています。休日は仲間とアミューズメントパークや東京タワー、スカイツリーなどに出かけリフレッシュ、また高校まで続けていた水泳は、ジュニアの大会でメダルを獲得した実績を持ちます。大学時代に所属していたクラブでは、サブコーチをしていました。今は、ボランティアで競技役員を手伝うこともあります。体を動かすことが好きなので、時間があればジムやプールで泳いでいます。

オンタイムは仕事に集中し、オフタイムは気持ちを切り替えてリフレッシュできる環境が気に入っています。

1日の予定を考えながら今日も元気に出勤。

フォトギャラリー

  • 説明会情報を見る
  • 資料を取り寄せる
  • 病院詳細を見る