> 順天堂大学医学部附属順天堂医院(金川実樹さん) | 先輩看護師からのメッセージ 2016年度

看護学生・看護師の就職活動サイト【ナース専科就職ナビ】

THE LEADING NURSE

[東京都]順天堂大学医学部附属順天堂医院

住所:
〒113-8431 東京都文京区本郷3-1-3|
TEL:
0120-330-592
  • 説明会情報を見る
  • 資料を取り寄せる
  • 病院詳細を見る
ICU・CCU病棟(2014年入職)
金川 実樹さん
福岡県出身 筑波大学卒業

意識のない患者さんへの
声かけも大切な看護。
どんな状況下でもその思いを感じ取り、
語りかけることの大切さを感じる現場

自分の無力さに落ち込んだとき、
先輩からの言葉が励みに

インターンシップで救急外来を見学した際、アットホームな雰囲気があったことと、看護師の身だしなみもよく対応もよかったことが決め手となり、入職を決意しました。

将来の目標は、NICU看護に携わることです。そのためには成人の急性期看護を学ぶことが必要だと思い、ICU・CCUを希望しました。

現場ではプリセプターが精神面をサポート、コーチからは技術面の指導を受けて、疑問や不安に思ったことをすぐに確認できます。二人の頼れる先輩が身近にいて、とても安心できる環境です。

ICUからCCUへ異動したとき、安定していた患者さんが急変した際、何もできない自分に落ち込みました。そんなとき先輩から「急変時の対応も、少しずつ経験を積んで一人前になれるように頑張って!」と励まされ、気持ちが楽になりました。

ICU・CCUは、短い入室期間の中で患者さんとの関係を築くことが求められます。意識のない患者さんが多い中、手術後に病棟へ移られた患者さんから「やさしく声かけをしてくれたことをうっすらと覚えている。金川さんによろしく」と伝言を受けたときは、患者さんへの声かけが届いていたことへの喜びとやりがいを感じました。声をかけることも大切な看護であることを、改めて実感しました。

最近は小児領域だけでなく、ICUでの看護を深めたいという思いも生まれてきました。ICUの現場でスキルを磨き、ステップアップしたいと思います。

点滴管理など基本的な技術も、先輩からの指導で確実にマスター。

フォトギャラリー

  • 説明会情報を見る
  • 資料を取り寄せる
  • 病院詳細を見る