> 自治医科大学附属さいたま医療センター(徳竹加穂里さん) | 先輩看護師からのメッセージ 2016年度

看護学生・看護師の就職活動サイト【ナース専科就職ナビ】

THE LEADING NURSE

[埼玉県]自治医科大学附属さいたま医療センター

住所:
〒330-8503 埼玉県さいたま市大宮区天沼町1-847|
TEL:
048-647-2111
  • 説明会情報を見る
  • 資料を取り寄せる
  • 病院詳細を見る

このページにも掲載中! 教育研修制度

CCU(2009年入職)
徳竹 加穂里さん
埼玉県出身 埼玉県立大学卒業

「仕事が大変」と思う後輩たちに、
看護のおもしろさを伝えて
一緒に楽しく働いていきたい

循環器看護を深く学ぶため、
心臓血管外科からCCUへ

インターンシップで心臓血管外科病棟の看護を体験したとき、スタッフがとても明るく楽しそうに働いていたので、入職を希望しました。実際に働いてみても、見学の際に感じた通りの職場でした。患者さんから「この病院の人たちは優しくて、対応がとても丁寧」と言われるのが誇りです。

入職3年目に循環器看護について広く学びたいと思い、師長に相談。「CCUならさまざまな患者さんをケアでき、勉強になる」と勧められて異動しました。

これまでケアしてきたのが外科系一般病棟の患者さんだったのに対し、ここには生死をさまよう内科系の患者さんが入院されています。CCUに来た初日に、目の前で心臓マッサージが始まったことにショックを受けて、自分に務まるのだろうかと不安になりました。

そんなときCCUの師長が、「今まで経験してきた環境と、ここが違うのはよくわかる。その思いを忘れなくていいから、一緒に頑張ってみよう」と言ってくれました。不安な気持ちをわかってもらえたことが、とてもうれしかったです。

今では、超急性期の看護にたずさわれることが、仕事への大きなモチベーションになっています。

新人や後輩が「仕事が大変」「辛い」と言うのを聞くと、自分の新人時代を思い出します。後輩たちに、看護のおもしろさをもっと伝えられるようになりたいと思います。また、適切な指導ができるよう、教育や指導法についても学びたいと考えています。

電子カルテを見ながら、医師に患者さんの病態について質問する。

フォトギャラリー

  • 説明会情報を見る
  • 資料を取り寄せる
  • 病院詳細を見る