> 大卒ナースのキャリアプラン

大卒ナースのキャリアプラン

自発的に学べる環境に身を投じた
どう成長したいかと考え聖路加へ

東京都

聖路加国際病院

ICU病棟
森田 光治良さん
2007年入職(4年目)

ナースを目指した時期や、そのきっかけを教えてください。

中学3年生のとき祖父が入院することになり、その時偶然手にした星野富弘さんの本を読んだことがきっかけです。星野さんは頸髄損傷の重傷を負い、肩から下の機能が麻痺。筆を口で加えて絵を描く画家として活動してらっしゃる星野さんも然り、それを支える奥さんの姿勢がとても印象的でした。当時は、思春期であり、進路を考える時期。「人の役に立つ仕事がしたい」という思いよりも「自分が人としてどうなりたいか、どう成長したいか」という気持ちの方が強く、“ 看護師 ”という仕事を選びました。

なぜ今の病院を選びましたか?ご自分にプラスであると判断した点をお聞かせください。

愛媛県出身で、高知大学医学部看護科へ進学しました。当院を選んだ理由は、実習指導の先生に薦められたからです。当院には全国から看護を学びたい向学心の高い大学生が集まると聞いていました。いずれ教員になりたいと思っていましたから、幅広い選択肢のなかから多様なキャリアが描けると思い聖路加国際病院を希望しました。

ご自分の中で、「キャリアアップ」というものをどう捉えていますか?

大学院に進み、教員になることがキャリアアップかどうかはわりませんが、いずれ「教育」に携わりたいと思います。実際に臨床の現場で働いてみると専門・認定看護師や最近では特定看護師として専門性を磨くキャリアもひとつのキャリア。臨床を極めるのと教育に進むのでは選ぶ大学院も変わってきますので、正直今は、どちらに進むか迷っています。もう少し経験を積んで、世の中の動きを見極めながら決めたいと思います。

今の病院が、自分のキャリア形成にどのように役立っていると思いますか?

勉強熱心な方が多い職場なので自分の成長にとてもプラスになります。看護部の先輩方が築きあげてきたことなので僕が言うのもおこがましいのですが、先輩後輩の関係やチームワークなど自信を持って自慢できる看護部です。学会への参加、看護研究、文献検索のための図書館(施設)、研究チーム主催のワークショップ等、自分が興味を持ち、「○○がやりたい」という気持ちを尊重してくれます。自発的に動けば学べるチャンスが転がっています。

看護学生へメッセージ
あえて男性の看護学生さんへメッセージを送ります。最近は男性看護師も増えてきましたが、まだまだ女性比率が高い職種です。職場では男性だからと頼られることも多く、男性看護師に求められることを一言でいえば「調整役」だと僕は思っています。聖路加のインターンシップで集中治療領域を選択してもらえればお話できる機会があると思います。まだまだ少ない未来の男性看護学生と話してみたいのでぜひ声かけてくださいね。

未来日記 叶っているかな?わたしの夢。

10年後。未来の自分はきっとこうなる!
ICU病棟から2011年の心血管センターの立ち上げメンバーに選ばれ、同センターの運営をチームで軌道にのせる。数年間は奔走する日々。10年後の日本は、超高齢社会を迎え、医療技術も進化しているため学生時代や臨床現場で感じていた「看護教育はもっとこういうことを加えては?」という疑問に対し行動を起こす。10年後はどんな形であれ「教育」という分野に携わっている。

※先輩ナースから届いたメッセージをそのまま掲載しています

キャリアプラン一覧へ