> 大卒ナースのキャリアプラン

大卒ナースのキャリアプラン

興味ある分野をより広く、深く。
自分の強みを生かし、活躍したい

東京都

昭和大学附属病院(8病院)

救急医療センター
加藤 悦子さん
2007年入職(5年目)

ナースを目指した時期や、そのきっかけを教えてください。

高校生の時に祖母が入院。それまでは、看護師というと忙しそうなイメージを漠然と持っていましたが、担当の看護師さんは、祖母の家での出来事など、話をよく聞いてくださる親切な方でした。日常会話から患者さんのバックグラウンドを把握して看護する姿が印象的で、祖母がこの看護師さんを信じ、頼っている様子が高校生の私から見てもわかり、とても心強く感じました。ちょうど進路を決める時期であったために、この体験は私にとって大きかったですね。もともと、人とコミュニケーションをとりながら、何か役に立つ仕事がしたいと思っていたこともあって、やりがいのある素敵な仕事だと感じた看護師を目指すことを決めました。

なぜ今の病院を選びましたか?ご自分にプラスであると判断した点をお聞かせください。

まず、すでに当院で働いていた友人と、サマートライアルに参加した友人から雰囲気が良いと聞いていたことです。実際に働いてみて、職場に対して「嫌だ」と言う人もいないですし、退職者も少なく、職場環境はとても良いと思います。次に、『屋根瓦方式』という独自の教育体制によって、チーム全体で新人をサポートしてくれる、という点です。当院での先輩、後輩の関係性は後輩への思いやりと気遣い、先輩への尊敬と学びにあふれたもので、むやみに厳しいこともなくアットホーム。「新人はみんなで育てていこう」という意識が全員にあることも魅力です。さらに、専門・認定看護師が多数在籍しており、一緒に勤務し多くのことを吸収できると思ったこともポイントでした。駅から近いことも、長く勤めるうえで良いと思います。

ご自分の中で、「キャリアアップ」というものをどう捉えていますか?

私にとってキャリアアップとは、現在の仕事の分野と共に、自分の得意分野や興味のある分野の知識を深め、実践に活かせるように日々取り組んでいくことだと考えています。これは当院に入職し、自分の強みを持つ先輩の活躍を目の当たりにしたことから感じました。ただそのまま年次を重ねていくのではなく、向上心あふれる先輩が身近にいることや、年に数回行う師長との面談で「今後、自分は何をしたいのか?」と考える機会もあり、自分のキャリアを見つめ直すきっかけになっています。

今の病院が、自分のキャリア形成にどのように役立っていると思いますか?

職場の先輩が院外の研修を受けたり、認定看護師の資格を取得したりする姿が、私のキャリアアップへの意欲につながっていると思います。入職するまでは遠い存在だと思っていた認定看護師が、当院ではとても身近で関わりの深い存在です。わからないことは連絡するとすぐに来てくれて、広い視野と豊富な知識で指導してくれるので多くのことが学べます。また配属部署だけでなくいろいろな部署と連携して勉強できる点も当院ならではです。

看護学生へメッセージ
病院選びの際は「教育・支援体制が良い」と、実際にその良さ、魅力を病院で働くスタッフが認識しているかが重要だと思います。そして職場の雰囲気が良いことも大切です。スタッフ間のやりとりや新人の方への接し方において、忙しい中でも思いやりと余裕を持って接しているかで分かると思います。

救急医療センター上田中知恵子さん

憧れの先輩を紹介します

先輩の頑張る姿が私の向上心の源です
救急の仕事に誇りを持ち、認定看護師の資格取得を目指して日々頑張っている上田中さん。忙しい中でも自分のことに終始せず、後輩にも目を配ってくれています。私が「なぜこの人はわかってくれないのか」と思い悩んでいた時に、そうではなく「どうしたら伝わるか」を考えてアドバイスしてくれました。やることを強要するのではなく、あたたかく時に厳しく見守ってくれて、広い視野を持つ先輩は私の憧れです。

※先輩ナースから届いたメッセージをそのまま掲載しています

キャリアプラン一覧へ