> 大卒ナースのキャリアプラン

大卒ナースのキャリアプラン

日本のカンガルーケアの先駆けと
なった病院で小児看護を極めたい

神奈川県

聖マリアンナ医科大学病院

NICU
杉之原 真実さん
2010年入職(2年目)

ナースを目指した時期や、そのきっかけを教えてください。

小学生の時に3回の入院を経験。その際にとても寂しい思いをしたのですが、看護師の方が頻繁に病室にいらっしゃって、優しく話しかけてくださいました。その後、テレビのドキュメンタリーなどで多忙な中で高い技術を持つ看護師の姿を見て、“こんな仕事がしたいな“と思うようになりました。この経験がきっかけとなり、看護師を目指そう、そして小児看護にたずさわりたいと強く思うようになりました。

なぜ今の病院を選びましたか?ご自分にプラスであると判断した点をお聞かせください。

大学の卒業論文で「低出生体重児の成長発達を促す看護」という研究を行い、その中でカンガルーケアを中心に研究を進めていました。研究を進めていくうちに、カンガルーケアを日本で初めて導入したのが当院であることを知り、また参考にした文献のほとんどが当院のものであったことから興味を持ちました。研究で得た知識を活かして当院のNICUで働きたいと思い、病院見学に来た際に充実した設備やスタッフの雰囲気の良さに魅力を感じました。また寮もキレイで、東京にも横浜にも近いことにも魅力を感じて就職を決めました。

ご自分の中で、「キャリアアップ」というものをどう捉えていますか?

2年目となり、少しだけゆとりはできましたが、まだまだ目の前のことで精一杯になってしまうことが多くあります。そんな中でも患者さんのご家族に名前を覚えていただいたり、いろいろな相談を受ける機会があり、「ご家族に必要とされている、身近な存在になれてきている」と感じます。患者さん一人ひとりに合わせた質の高いケアの提供とご家族の身近な存在になることが、自分のキャリアアップにもつながっていくと考えています。看護の力を高めてどんな対応も出来るように、まずは知識をもっともっと増やして、視野の広い看護を提供できるようになりたいと思っています。

今の病院が、自分のキャリア形成にどのように役立っていると思いますか?

大学病院であることと、総合周産期母子医療センターの基幹病院であるため、重症疾患の患者さんを受け持たせていただく機会も多く、とても勉強になっています。配属がNICUですので新生児や低出生体重児の看護が中心です。そのため、成人看護の知識、技術の習得が難しくなりがちですが教育体制が整っているため、病院内での定期的な新人研修で、基礎的な技術修得のための支援やサポートが受けられるので安心です。病棟やフロアでの勉強会も充実しているので、その人の習熟度に合わせて学ぶことができます。また同期が多く全体研修で横のつながりが広がって友達もたくさんできました。

看護学生へメッセージ
私は関東の病院を視野に入れて就職活動をしていましたが、学校の友人は地元志向が強く、地元を離れて関東へ出て行くことへ不安を感じ、迷った時期がありました。親に相談したところ「あなたは地元に残って満足できるの?」と言われました。この一言がきっかけで、やはりやりたいことのために地元を離れようと決意できました。就職活動中は迷うことも、不安になることもありますが、「自分はどんな看護をしたいのか」ということを忘れずに、病院を選ぶと良いと思います。

NICU 認定看護師永田 杏梨さん

憧れの先輩を紹介します

赤ちゃんにも伝わる心地よさ!
永田さんは知識が豊富なのはもちろんですが、永田さんが赤ちゃんに触れても目を覚ましてしまったりしないし、泣くこともありません。これは常に赤ちゃんの心地良さに注意をして、経験を積まれたからだと思います。また私たち後輩看護師にアドバイスをする際も「どう思う?」など、いったん自分で考えさせて、一緒に解決策を見つけてくれるので、知識を自分のものとして身につけることが出来ると感じています。一緒にいると学ぶことの多い先輩です。

※先輩ナースから届いたメッセージをそのまま掲載しています

キャリアプラン一覧へ