> 大卒ナースのキャリアプラン

大卒ナースのキャリアプラン

自分の看護に自信を持つことで
患者さんや地域を幸せにしたい

福岡県

小倉記念病院

総合11階
清水 加奈さん
2010年入職(2年目)

ナースを目指した時期や、そのきっかけを教えてください。

小学生の頃、心臓病の持病をもつ妹の定期健診に付き添う機会がよくありました。その際に看護師さんが優しく私に話しかけてくれました。話の内容はよく覚えていませんが、そのときから看護師とは人を穏やかな気持ちにすることができるというイメージをもち、憧れるようになりました。本格的に看護師を目指したのは高校卒業時の進路決定の際です。私の母親も看護師をしていたので、看護師という職業は大変だけれどやりがいのある仕事だという話は良く聞いていました。しかし看護師という仕事が務まるのかという不安がありましたが、今諦めたら一生後悔すると思い、看護大学への入学を決めました。

なぜ今の病院を選びましたか?ご自分にプラスであると判断した点をお聞かせください。

大学へ入学し看護の勉強をするなかで、将来看護師として働いていくことに不安を感じていました。看護師になってからも、基礎からしっかり学んで生きたいと考えていました。当院は新人教育がたいへん充実しており、その点に魅力を感じました。また、当院の基本理念のひとつに「職員の幸せの追求」があり、雇用体制もしっかりしているため安心して働くことが出来ると考えました。自分自身に心のゆとりがなければ患者さんとも笑顔で接していくことができません。患者さんの前で、笑顔でいられるように、職員を大切にしてくれる当院を選びました。

ご自分の中で、「キャリアアップ」というものをどう捉えていますか?

キャリアアップとは自分の看護に自信をもって提供できるようになることだと考えています。私は現在、看護師となり2年目となり、自分の看護に対して、本当に患者さんが求めていた看護を提供できているのだろうかと疑問を抱くことがあります。自分自身が不安を感じながら患者さんに関わってしまえば患者さんにも不安が伝わってしまいます。キャリアアップを重ね、自分の看護に自信をもちながら患者さんに接することで、看護師の役割である患者さんに安心感を与えるということが出来るのではないかと考えています。

今の病院が、自分のキャリア形成にどのように役立っていると思いますか?

教育体制が充実している当院。入職1年目では、勤務時間内に看護技術や医療機器の操作などの基本的な知識を学ぶ研修に参加しました。看護倫理について考える時間を設け、じっくり自分の看護観と向き合う機会を得たことで、成長できたと思っています。2年目になると、自分の実力の段階に合わせた研修を受けることができます。先輩たちも興味ある研修に参加し、学んだことを日々の看護業務に活かしながら、自らの看護の力量を向上させている姿を間近でみています。さらに、定期的に科長と面談する機会があり、その際に自分の思い描く今後の方向性やキャリア形成にあたっての悩みなどを話すことができることも、ステップアップに役立っています。

看護学生へメッセージ
看護師は、人の命に関わる職業です。責任は重く大変ですが、努力すれば必ず成果が表れる、とてもやりがいがある仕事です。頑張っている学生さんならきっと素敵な看護師になれると思います。当院は、まわりのスタッフや患者さんも応援してくれて、本当にあたたかい職場です。みなさんも自分にぴったりの病院を見つけて、職場の仲間や患者さん、地域のために一緒に頑張りましょう!

総合10階山下 繭さん

憧れの先輩を紹介します

他のスタッフも先輩を頼りにしているのがわかります!
いつもとびっきりの笑顔で患者さんや周りのスタッフを元気にしてくれる先輩です。私が失敗したときも助けてくれました。「次にできるようになったら大丈夫だからね」と、優しく声をかけてくれるので何度も支えられ、次は頑張ろう!という前向きな気持ちを持つことが出来ました。知識も豊富で、他のスタッフも先輩に質問している姿を良く見かけます。適確なアドバイスをしてくれる、本当に頼りになる先輩です。

※先輩ナースから届いたメッセージをそのまま掲載しています

キャリアプラン一覧へ