> 大卒ナースのキャリアプラン

大卒ナースのキャリアプラン

高度な医療と専門性で、他院では経験できないような看護を体験!

大阪府

国立循環器病研究センター

脳神経外科 NCU病棟
田中 作津紀さん
2008年入職(4年目)

ナースを目指した時期や、そのきっかけを教えてください。

看護師を目指そうと思ったのは、中学生のときです。進路を決める際、職業について考えたとき、真っ先に思い浮かんだのが看護師という仕事でした。小さい頃の入院で、初めての入院生活での不安や怖さ、寂しさから消灯時間を過ぎても泣いている私に、絵本を読んでくれた看護師さんがいました。彼女のおかげで、寂しさや怖さが和らいだのを憶えています。私も、この看護師さんのように、患者さんが大変なときに力になれる看護師になりたいと思いました。

なぜ今の病院を選びましたか?ご自分にプラスであると判断した点をお聞かせください。

一つ目は実際に働いている先輩方から、教育制度がしっかりしているという話をうかがったったからです。二つ目は、他の病院よりも専門性が高かったから。例えば、リハビリテーション室ひとつとっても、心臓リハビリ室と脳リハビリ室に分かれていたり、全国から患者さまが来るほど高度な医療が提供されています。三つ目は、急変時や緊急時の対応が出来る様になりたかったから。循環器疾患の専門病院なので、急変・緊急事態が起こることが多くあります。

ご自分の中で、「キャリアアップ」というものをどう捉えていますか?

学生のときは、将来どういうところで働いても、急変や緊急時に対応できる看護師になっていたい、と思っていました。緊急・急変時の対応が出来るようになってきた3年目の今では、緊急・急変時や急性期のうちから、患者さんの予後ができるだけ良くなるような対応や専門性の高い看護ケアを提供できる看護師になりたい、と考えています。

今の病院が、自分のキャリア形成にどのように役立っていると思いますか?

当センターでは、全国から様々な循環器疾患の患者様が来られ、高度な医療やその看護が学べます。他院では経験できないような疾患や治療に携わることができ、多くの経験を積むことができます。また、経験、経年に応じた学習支援プログラムがあり、勉強会や研修が多く開催されています。そのため、研修ではその年代が抱えやすい悩みや問題を、病棟を超えて共有し解決策を一緒に考えたり、多くのヒントを得ることが出来ます。

看護学生へメッセージ
「将来自分がどういう看護師になっていたいか」、ということが一番大切ではないかと思います。実際に働いている看護師から話しを聞いてイメージを膨らませるのもいいと思います。また、当センターのように教育制度がしっかりしている病院だと、経年別に応じた教育プログラムによって、着実に成長していけると思います。

脳神経外科 NCU病棟 副師長永見紀子さん

憧れの先輩を紹介します

~尊敬する脳のエキスパートナース~
憧れの先輩は同じNCU病棟で働く永見副師長です。副師長さんは、脳血管CVEN(国立循環器病研究センター専門看護師)であり、知識やアセスメント力、看護技術の高さにいつも驚かされます。超急性期の患者様を担当していたときに、「この患者さんに将来どうなっていてもらいたい?今日のあなたに出来ることは何?」と問われたことがありました。超急性期のうちから、将来のことまで考えて看護を提供できる永見副師長が私の目標です。

※先輩ナースから届いたメッセージをそのまま掲載しています

キャリアプラン一覧へ