> 大卒ナースのキャリアプラン

大卒ナースのキャリアプラン

専門学校を出てから大学に編入。
広い視野で医療を見れるように

大阪府

大野記念病院

消化器内科・脳神経外科混合病棟
廣﨑 成子さん
2011年入職(1年目)

ナースを目指した時期や、そのきっかけを教えてください。

小さい頃とても活発で、足や腕をよく骨折していたのですが、幼稚園に入る前に骨折で入院。その時に出会った看護師さんがとてもやさしかったという記憶が残っています。小児病棟のない病院で、私ひとりの為にアンパンマンの絵を部屋に貼ってくれたり、母がいなくて泣いていたときも看護師さんがいてくれたら泣きやんだくらい、とてもなついていたそうです。その後、高校生になって進路を考えたときに、兄が医学部に行っていて家で解剖実習の話だったり、学校の話をいろいろ聞いてるうちに、自然に「医療」に興味を持つようになりました。そういった中でやさしかった看護師さんへの憧れが再燃し、「看護大学を目指そう」と決意するようになりました。

なぜ今の病院を選びましたか?ご自分にプラスであると判断した点をお聞かせください。

大学受験に失敗し、専門学校に通うことになりました。しかし、「人生後悔したくない!」と思い、学校を出て看護師として働きながらお金を貯め、大学に編入。その時働いていた病院は、上下関係がきつくて体育会系のノリ。尊敬できる先輩もいませんでした。そんな時、就職説明会があり、前から気になっていた大野記念病院を発見!そこで出会った看護部長や師長さん達が優しく、楽しい方ばかり。とても興味がわいたので、すぐに見学会に足を運び、当日に面接をしてもらいました。入職をして感じることは、コミュニケーションが多く、わからないことはすぐに聞ける環境なので、医療ミスなどがおこりにくいと思います。本当にみんな良い方ばかりで、毎日が楽しいです。

ご自分の中で、「キャリアアップ」というものをどう捉えていますか?

専門学校を出て看護師として働いていた時は「とにかく慣れろ」というような感じで、「なぜそうなったか」という根拠を理解しないまま、看護をしていたと思います。ですが、大学で勉強しているとその根拠を明確にし、把握することを求められます。そういった経験が実際仕事をするうえで大きく役立っていると思います。「考える」ということの癖がついたかもしれません。「キャリアアップ」というものを具体的に考えたことはありませんが、大学で勉強したことによって看護に対する考え方が深くなり、広い視野で医療を見ることができたように思います。看護師としてスキルアップしたいと思いますが、やらなくてはいけないことがたくさんあるし、いろいろなことを経験して全体を見れるようになってから今後の自分を考えていければと思います。

今の病院が、自分のキャリア形成にどのように役立っていると思いますか?

大学に行き保健師にも興味を持ちましたが、今は看護師の仕事が本当に楽しいです。初めは「3年経ったら保健師に」と思っていましたが、今は看護師の仕事をもっとやりたいという思いです。そういう考えになったのも、働く環境が本当に良いからです。毎日働く職場の人間関係が悪ければ、どんなに仕事を頑張りたくても精神面でくじけてしまうと思います。ずっと働き続けたいと思えるからこそ、看護師として成長していきたいと考えられるようになりました。当院には院内認定という制度もあり、まずはそれを目指しながら、日々看護師の仕事を頑張っていきたいと思います。

看護学生へメッセージ
最初は何より、「楽しく働ける」ということが重要だと思います。つらい思いをして働くのは毎日のことなので精神的にも肉体的にもしんどいと思います。当院は働きやすさではどの病院にも負けない、というくらいお勧めです。看護部長の人柄が看護部全体の雰囲気につながっているようにも思うので、ぜひ、見学会に来てもらえればと思います。

消化器内科・脳神経外科
混合病棟橋本裕実さん

憧れの先輩を紹介します

私のプリセプターさん、心から憧れます
わからないことは何でも教えてくれる、優しい先輩です。私が夜勤のとき、状態の良くない患者さんを受け持ったことがあるのですが、「このような時はこうした方がいい」というような、丁寧な指示が書かれたお手紙をお菓子の差し入れと共に持ってきてくれたんです。(それも先輩はお休みの日です!)本当に優しくて、テキパキと的確に仕事をこなす、「こんな先輩になりたい!」と心から憧れる先輩です。

※先輩ナースから届いたメッセージをそのまま掲載しています

キャリアプラン一覧へ