> 大卒ナースのキャリアプラン

大卒ナースのキャリアプラン

「学びたい気持ち」を大切に、
自分の道を模索していきたい

長野県

相澤病院

循環器内科・心臓血管外科
松岡 奈緒美さん
2010年入職(2年目)

ナースを目指した時期や、そのきっかけを教えてください。

私には双子の妹がいますが、妹は小さい頃から看護師を目指していました。私は特に「これになりたい!」という夢はなかったのですが、いつの間にか妹から影響を受けていたのだと思います。人と関わる仕事には就きたいと思っていて、学校の先生か看護師のどちらかになりたいと思っていましたが、最終的に看護師に決めたのは高校2年の冬でした。高校の担当の先生と進路の話を何度もしながら決めました。大学に入って本格的に看護の勉強をし出してからは、どんどん看護に魅力を感じるようになりました。今では自分の選択は正しかったと思っています。

なぜ今の病院を選びましたか?ご自分にプラスであると判断した点をお聞かせください。

私は就職先を選ぶときに、「地域に密着している総合病院」に就職したいと思っていましたが、大学の先生に相談したら、こんな病院があるよと相澤病院を紹介してくれました。そして実際に病院見学に行ったときに、地域の医療連携や先端の医療に積極的に取り組んでいることがわかりました。さらに、リハビリにもすごく力を入れていて、リハビリのスタッフの方と看護師さん、他の多くの職種の方との関わりを見て、チーム医療についてとても学べると感じたし、とにかく先輩ナースがとても生き生きとしていたところにひかれて就職することに決めました。

ご自分の中で、「キャリアアップ」というものをどう捉えていますか?

学生の頃はどの領域の実習も楽しく感じ、私は就職するときに配属先の希望は特に出しませんでした。現在、循環器の患者さんと多く関わる中で、学びたいことが少しずつ出てきました。学生の頃は看護師の仕事のイメージが漠然としていて、自分はどんな看護師になりたいのかわからなかったのですが、実際にやってみて、「学びたい」と感じたことをどんどんやって行けば、自然と自分の目指すものや極めたいことが明確になっていくのかなと思っています。なので、私は今後どの分野を極めるのかなどまだ考えていません。日々の患者さんとの関わりから学ばせて頂き、自分が抱いた疑問の一つひとつを大切にしようと考えています。

今の病院が、自分のキャリア形成にどのように役立っていると思いますか?

相澤病院での最初の新人研修は看護師だけではなく、全ての職種の方々と合同で行われます。
期間も2週間と長く、グループワークも多かったり、そのグループも日替わりだったりするのでたくさんの人とつながりができました。このことは、ただ仕事がしやすくなるだけでなくて、チーム医療についてとても学べる環境になっていると実感しています。研修だけではなく病院内の勉強会も頻繁に開催されていて、希望者はどんどん参加できます。学びたいことがしっかりと学べる環境ができていると思います。

看護学生へメッセージ
立地条件や福利厚生なども大切だと思いますが、やはり病院の雰囲気や働くひとの表情を実際に目で見て感じることが重要だと思います。また、病院見学には必ず行ったほうがいいと思いますよ!!
同じ病院でも配属先によって雰囲気も業務内容も違うので、自分にあった病院を探すのはとても難しいと思いますが、どこの病院でも看護は学べると思います。

未来日記 叶っているかな?わたしの夢。

3年後。未来の自分はきっとこうなる!
今日も半年前に退院した患者さんが再入院してきた。慢性心不全の患者さんへの退院指導って本当に重要だな。「退院指導のやり方、このままでいいのかなあ・・・」。こんな疑問を抱いてからもう3年が経過した。患者・家族対象のアンケート調査を毎年実施するようになってから、支援方法が少しずつ改善されて行っているし効果も出てきている。データをまとめて発表しないと!!もっともっと勉強していつか認定看護師をとれたらいいなあ。

※先輩ナースから届いたメッセージをそのまま掲載しています

キャリアプラン一覧へ