> 大卒ナースのキャリアプラン

大卒ナースのキャリアプラン

まずは知識と技術を増やすこと、
これが私のキャリアアップ

東京都

板橋中央総合病院

消化器外科
一戸 彩乃さん
2010年入職(2年目)

ナースを目指した時期や、そのきっかけを教えてください。

小学校の時、ドラマで手術シーンを見てから、医療ってかっこいいなぁとは思っていましたが、子どもが好きだったので、ずっと保育士を目指していました。看護師になりたいと思ったのは高校3年生の時、あるドキュメンタリー番組で患者様のために尽くす看護師の姿を見てからです。人の役に立つ仕事をしたいと考えていたので、看護師の仕事に憧れを抱き、私も看護師として人の役に立ちたいと強く思うようになりました。テレビという単純なきっかけでの進学でしたが、看護実習で患者様と向き合う中で、なかなか看護を受け入れてもらえず悩んだことや、寝たきりの人が少しずつ回復していった時の嬉しさなど、看護の難しさ、楽しさを感じ、より看護師という職業に魅力を感じました。

なぜ今の病院を選びましたか?ご自分にプラスであると判断した点をお聞かせください。

新人として働くうえで重視したことは、基本的な知識と技術を身につけるための教育制度がしっかりしているか、ということです。まず民間病院に絞り、中でも、規模が大きく、グループ病院間の異動も可能で、都会なのに地元青森に似た環境、というのが自分に合っていると感じ当院のインターンシップや見学会に参加しました。そこで先輩の、「新人を全員で見てフォローする」という話を聞いて、能力に合わせて何度も丁寧に指導してくれる教育制度に安心と魅力を感じました。また、総合病院なので、様々な疾患の患者様が入院されており、いろいろな疾患の看護について学ぶことが出来るということ、そして、スタッフ皆さんの優しさとアットホームな雰囲気がとても好きだったので入職を決めました。

ご自分の中で、「キャリアアップ」というものをどう捉えていますか?

入職時はキャリアアップというと、認定看護師や専門看護師になることだと考えていましたが、勤務して1年が経ち、必ずしも資格を取ることがキャリアアップではないと感じています。昨年から出来ることが増えてきたなぁと実感していますが、きっと、日常の看護を行うために勉強してきたことで自分の知識が増え、その知識を活かして看護を提供することが自分の技術の向上=キャリアアップなのではないか、と今は思っています。だから私は少しずつですが、患者様に合った看護、患者様の意見を聞き、素直な思いを受け止められる看護を提供できるようになりたいです。そのために、もっと知識を増やしたいし、もっと勉強を重ねたいと思っています。認定資格などはその後に考えてもいいのかな、と今は思います。

今の病院が、自分のキャリア形成にどのように役立っていると思いますか?

当院は総合病院で様々な診療科があります。現在は外科病棟に勤務していますが、外科の患者様だけではなく他科の患者様も入院されます。私は消化器外科なので、主に胃や腸の手術をする患者様を看ますが、他にも呼吸器外科、整形外科、脳外科、内科も看ることもあります。自分の科以外の看護もできるので、様々な疾患について学習する機会があります。突然検査が入った時など私が分からないことがあると、いろいろな先輩がすぐにフォローしてくれ、一緒にその疾患について調べてくれたり、アドバイスをくれるので、他科のことであっても安心して学んでいけました。周手術期の看護に関する知識だけでなく、幅広い知識を持つ事が出来るこの環境がキャリアアップにつながっていると思います。

看護学生へメッセージ
教育制度のしっかりした病院で基本的な知識・技術を身につけることが大切だと思います。教育制度についても病院を選ぶ際に調べてください。例えば、私は新人研修で技術のフォローがあるかを重視しました。大学では採血を十分に練習できなかったので、一番心配だったからです。また実際に病院を見学し、その病院の職員の人と話をしたり、雰囲気を自分で感じてみたりしてください。自分が行きたい、頑張りたいと思える環境の病院が見つかると思います。

未来日記 叶っているかな?わたしの夢。

10年後。未来の自分はきっとこうなる!
今日も救急搬送されてくる患者様が多かったなぁ。いろいろな経験して疾患に対しての知識を持っているけれどまだ救急の場面では的確な行動が出来ないなぁ。もっと患者様の家族に対しても声掛けをしてあげられれば良かった。毎日反省することばっかり・・・。今日の反省を活かして1人でも多くの患者様としっかり向き合っていこう!患者様の救命も大切だけど、家族の方に対しても看護出来るように、また明日からがんばろう!

※先輩ナースから届いたメッセージをそのまま掲載しています

キャリアプラン一覧へ