> 大卒ナースのキャリアプラン

大卒ナースのキャリアプラン

多くの笑顔を見たいから
今、一生懸命学んでいます!

東京都

順天堂大学医学部附属
順天堂医院

肝・胆・乳腺科
吉田 まゆみさん
2009年入職(3年目)

ナースを目指した時期や、そのきっかけを教えてください。

高校3年生の進路決定時に、看護師になろうと決めました。これといってやりたいことがなかったのですが、病院勤務の姉から聞いていた患者さんと看護師の関係や、親戚の医療関係者からの病院の話などを聞いていて少し興味もあり、家族に進路を相談した際、すすめられたからです。もともと人の笑顔を見るのが好き、という気持ちがあり、人と接する仕事がしたいと思っていました。その中で、患者さんとじっくり関わり、落ち込んだことがあっても笑顔になって帰っていただける関わりのできること、また、それに繋がる知識や技術を身につけたいと考えるようになり、最終的に看護師という仕事に就こうと思いました。

なぜ今の病院を選びましたか?ご自分にプラスであると判断した点をお聞かせください。

3歳から高校3年生までスポーツをやってきたので、スポーツ関係の分野で働きたいと思い、スポーツ整形を志望しました。地元九州にはそういった分野の病院が少ないため、大学の先生に相談し、順天堂医院をすすめてもらいました。その後パンフレットを見て、チームDrが多数いること、スポーツ整形だけでなく、新人カリキュラムが充実していることを知り、心惹かれる点が多かったので、実際に見学会、インターンシップに参加し、ここで働きたい!と思うようになりました。地元を離れることには親の反対もありましたが、今しかできないことがしたい、最先端の医療に携わり、そこで勉強した後その知識と技術を地元に帰したい、と説得、最後は応援してもらえました。

ご自分の中で、「キャリアアップ」というものをどう捉えていますか?

今、消化器外科で働いていますが、ここを希望したのは、1年目に整形外科で働く中で、患者さんは整形だけではなく他の複数の疾患のある方が多いということを知ったからです。消化器外科は整形外科より重症患者さんが多く、そのため、より個別性のある看護が必要なので、今この科で勉強をすることで、より患者さんに良い看護が提供できるのかな、と思っています。認定看護師なども考えましたが、その前に、今一生懸命やっていることで学びが増えているので、まずそうした経験を積むことがキャリアアップではないかと考えています。患者さんやご家族の方との接し方、ニーズに応られるような対応などはもっと勉強して経験を積んでいかなくては、と思います。

今の病院が、自分のキャリア形成にどのように役立っていると思いますか?

基礎看護技術を一つひとつ丁寧に教えていただき、習得できたことが本当に役立ちました。特に私の大学では採血の実習がなく、入った時点で遅れを取っているのでは…と不安でしたが、丁寧な指導だけでなく、医師の先生方にもサポートしていただき教えていただいて、とても助けられました。最先端の場なので分からないことが結構ありますが、その時も医師や看護師で勉強会を開催し、そこで分かりやすく教えていただけるのでとても勉強になっています。また、当院では特に接遇を大切にしているので、一人ひとりの患者さんへの対応がとても丁寧で、そういったところでも今後看護師をやっていく上での大切なことを、たくさん学ばせてもらっているな、と思います。

看護学生へメッセージ
実際に見学に行き、先輩看護師から話しを聞くことが病院選びの決め手になりました。私は九州の出身なので、東京に一人で行くのはとても不安でした。しかし、東京にきて全国の友達ができ、親友もできました。もし遠方に行こうと迷っているなら、思い切って行くのもいいですよ。最初は不安でも、たくさんの同期、友達ができることで私生活も楽しくなると思います。

整形外来盛光 昭子さん

憧れの先輩を紹介します

看護の楽しさ教えてくれた目標の先輩です!
一年目のときに同じ部署で働いてた先輩です。一年目で右も左もわからないようなとき同じ目線で物事を考えてくれ、そして同時に看護の楽しさを教えて頂きました。多くの経験・技術を持ち患者様と笑顔で向き合う姿にとても憧れました。現在働いている部署はその先輩のすすめもあり希望しました。ここは学べる環境でとても楽しく働いています。今後先輩のような看護師になり看護の楽しさを後輩に教えてあげれるよう頑張っていきたいです。

※先輩ナースから届いたメッセージをそのまま掲載しています

キャリアプラン一覧へ