> 大卒ナースのキャリアプラン

大卒ナースのキャリアプラン

専門的な視野を持って
患者さんの心に残る看護を実践

東京都

東京医科大学病院

脳神経外科・歯科口腔外科(病棟)
福間 真理さん
2007年入職(5年目)

ナースを目指した時期や、そのきっかけを教えてください。

看護師を目指した時期は高校3年生の時です。当時祖父が入院しており、担当看護師さんのてきぱきと働く姿や、患者・家族に対する丁寧な対応、不安に思う気持ちを聞いてくださるなど、とても心強かったのが印象に残っています。その頃から「看護師は人の心を癒せる仕事なのだな」と看護師のやりがいを感じました。それまでは漠然と、人を癒したり元気にしたり出来る仕事がしたいと思っていたので、このような体験を通じ、看護師になりたいと思うようになりました。

なぜ今の病院を選びましたか?ご自分にプラスであると判断した点をお聞かせください。

地元の病院に就職して2年経ち、もっと看護に対する専門的な知識や高度な医療を学びたいと感じるようになり、関東の大規模病院を探していました。当院に就職を決めた理由は、看護部に独自の教育研修プログラムがあり、院内研修も多く開催されていて学ぶ環境が整っていると感じたこと。さらに、当院に就職している先輩から人間関係も良くとても楽しく仕事をしていると聞いたので、再就職でも安心して働くことができると考えたからです。

ご自分の中で、「キャリアアップ」というものをどう捉えていますか?

私にとってキャリアアップとは、普段看護を行っているなかで疑問に思うこと、興味のある分野について知識を深め、より専門的な視野を持って患者さんと接することができるように日々取り組んでいくことだと考えています。自分がキャリアアップをしていくなかで、接する患者さんがより安心してケアを受けることができるように、これからも努力していきたいと思っています。

今の病院が、自分のキャリア形成にどのように役立っていると思いますか?

院内研修が多くあり、自分の興味のある分野や自分がより専門的に学びたい・深めていきたい分野についてより積極的に学ぶ環境が整っています。また、当院では認定看護師資格取得の支援も行っています。就職するまでは、資格についてあまりイメージができなかったのですが、今では認定看護師による研修や、実際に病棟に来て相談にのっていただくなど、その活躍を見たり、直接多くを学べるチャンスがあります。また同じ職場でも資格を取得する先輩もいて、今後の自分のキャリアプランについて見つめなおす機会にもなっています。

看護学生へメッセージ
就職する病院を決める際、たくさんの病院があって迷うと思いますが、私が重視したのは、就職してからも継続的に学ぶ事ができる教育環境が整っていることと、働いているスタッフの人間関係やチームワーク、職場の雰囲気が良いことでした。学生の時は色々な場所で実習をすると思うので、その中で働く自分をイメージしながら、自分に合った病院・病棟を探してみてください。

未来日記 叶っているかな?わたしの夢。

5年後。未来の自分はきっとこうなる!
「あなたに受け持ってもらえて良かった」と思っていただけるような、患者さんの心に残る看護を行うことができるようになっています。忙しい病棟ですが、常に患者さん一人ひとりと丁寧に向き合いっています。今は指導者としての役割も担っており、ただ学んでもらうのではなく、「どうしたら興味をもって学びたいと感じるか」を考え、後輩たちが主体的に学べる環境作りに取り組んでいます。看護師としてだけでなく、社会人としても、手本となれる存在になっています。

※先輩ナースから届いたメッセージをそのまま掲載しています

キャリアプラン一覧へ