> 大卒ナースのキャリアプラン

大卒ナースのキャリアプラン

専門分野を深めるため、
働きながら大学院で学ぶ日々

東京都

虎の門病院

腎センター・肝臓科・神経内科・呼吸器科
丸山 俊一郎さん
2006年入職(6年目)

ナースを目指した時期や、そのきっかけを教えてください。

”人間の表現”に興味があり、映画や舞台などの仕事に携わりたいと思っていました。そのため美大受験を考えていた時期もありましたが、映画の作り方よりも、まずは人間をもっとよく知りたい、人間とはどのようなものなのかという思いから、病院という様々なライフイベントがおこる場所で、最も患者さんに身近な看護師は、人間を学ぶためには最良なのではと考え、看護大学を選択しました。看護は学べば学ぶほど奥深く、人間を学ぶことに到達点はないので、気付いたら看護の世界にどっぷり浸かっていました。

なぜ今の病院を選びましたか?ご自分にプラスであると判断した点をお聞かせください。

学生の時に当院出身の教員から、虎の門病院ではいつもどんな時も「あなたの看護観は何なの」、「それが本当に患者さんのためになるの」と問われる病院であると聞いていました。専門職である看護師は、免許をとってもそこはスタートラインに過ぎず、臨床の中で、患者さんはもちろん周囲のスタッフと悩んだり話し合ったりする過程で看護師になっていくのだろうと考え、スタッフと互いに高め合える環境である当院を選びました。また基礎コースやプライマリ・ナーシング入門コースなどの卒後教育プログラムの充実も病院選択の理由です。

ご自分の中で、「キャリアアップ」というものをどう捉えていますか?

看護の対象は病気のみに留まらず、患者さんの背景や生き方なども含めた幅広いものです。その多種多様なニーズに応えていくためには、あらゆる価値観や知識、技術などを皆で出し合う必要があります。それぞれの役割を全うし、興味のある分野を深めていくことで、最終的には患者さんによりよいケアを提供できることが、看護師のキャリアアップであると考えています。新たな資格を取得、大学院進学なども、現場にいかに還元出来るかにつきると思います。私は病棟で感染対策のリンクナースとして活動する中で、感染対策にとても関心を持ち、働きながら大学院で学んでいます。これからは、専門的に学んだことを現場に還元していきたいと考えています。

今の病院が、自分のキャリア形成にどのように役立っていると思いますか?

当院のプライマリ・ナーシング入門コースでは、よりよい患者ケアを提供するために自己の課題を乗り越えるよう文献学習や臨床実践で振り返りを行います。どのカリキュラムも一人で行うのではなく、グループワークや先輩、周囲のスタッフの手を借りながら学びを深めます。看護師として成長することにこんなにも周りが応援してくれる環境を誇りに思います。また、職種や部署の垣根がなく、とても率直に意見交換ができる職場です。感染対策のリンクナースも、自分の病棟だけでなく他部署のリンクナースと活発に話し合い、共に活動できます。現場の声を集めてより良いケアに繋げていく風土が、自分自身を成長させてくれていると感じています。

看護学生へメッセージ
入職時から目標を意識することは大事ですが、働きながら自身の考えや進んでいく道が変わってくることも多いはず。
最初から選択肢を狭めるよりも、多くの可能性があり、周囲と相談し合える環境を第一に、無理なく自分らしく仕事が続けられる病院を選んで欲しいと思います。

未来日記 叶っているかな?わたしの夢。

10年後。未来の自分はきっとこうなる!
手帳に記載された本日のToDoリスト。
○月×日の予定
・感染症看護専門看護師として、院内で活動している。
・院内感染対策のために病棟をラウンドし、現場のスタッフからヒアリングを行う。
・ベッドサイドにおける定期的な細菌学的環境調査に取り組んでいる。
・地域の医療施設と連携し、感染対策について学習会や講演会を行っている。
・息子の誕生日プレゼントを購入(今年は望遠鏡が欲しいらしい)。

※先輩ナースから届いたメッセージをそのまま掲載しています

キャリアプラン一覧へ