> U・Iターン、地元就職特集【神奈川エリア】>横須賀共済病院

I LOVE Uターン・Iターン・地元就職 特集

神奈川エリア

DATA

人口:
9,061,898人(全国2位)
面積:
2415.84km2(全国43位)
県庁所在地:
横浜市
県の鳥:
かもめ
特産物:
中華まんじゅう、湘南のしらす、三崎マグロなど
県の色:
かながわブルー
名勝・名跡:
加曾利貝塚(世界一の大きさ)
郷土料理:
けんちん汁、へらへら団子、かんこ焼き

神奈川県は日本列島のほぼ中央に位置し、東京都・山梨県・静岡県に隣接しています。観光地として有名な「横浜中華街」や「山下公園」、歴史の都「鎌倉」、富士箱根伊豆国立公園の一角「箱根」や「湯河原」などの温泉地帯、美しい海岸線が連なる「湘南」「江ノ島」「三浦半島」など、文化や自然環境に恵まれた魅力あふれるエリアです。鉄道はもちろんのこと、道路網も整備され、交通の便がよいこともあり、年間の観光客数は1億を超えます。横浜市、川崎市、相模原市の3市が政令指定都市です。

国家公務員共済組合連合会
横須賀共済病院

教育担当師長に聞きました!

Q.
横須賀共済病院の新人看護師教育制度について教えてください。
A.
 当院では、「新人看護職員研修ガイドライン(厚生労働省)」に基づいた研修プログラムを作成し、院内全体で新人看護職員を支援しています。部署における教育体制は、プリセプターシップを基本としたチーム支援型です。
 また、集合研修は、急性期を担う当院の看護職に必要となる基礎的知識や技術はもちろんのこと、実践で不可欠となるコミュニケーション能力や判断力が身につけられるような構成となっています。新人看護職員の緊張や不安に寄り添い、つまずいた場面でも「次はどうしたらうまくできるか」という前向きな視点での指導を心がけ、先輩看護師も新人看護師と日々一緒に学んでいます。
横須賀共済病院の新人看護師教育制度について教えてください。
Q.
特徴的な研修制度があれば、具体的に教えてください。
A.
【シミュレーション研修】
 2013年度に新設されたシミュレーション研修では、様々な場面・状況を設定して、看護業務を疑似体験しながら学んでいきます。
 例えば、初めて複数の患者を受け持つシミュレーションでは、同時に様々な看護対応を求められます。そのような状況で迷いながらも自分で優先順位を決めて対応し、体験後はその行動について参加者から意見をもらいます。他部署と合同で行うので、様々な視点や新たな発見があり、6人がシミュレーションを行えば、6人分の気づきを全員で共有することができます。

【リフレッシュ研修】
 毎年2回行われるリフレッシュ研修では、1回目は院内で、2回目は院外で開催しています。
 看護師は人を相手にする職業なので、相手の気持ちを知る努力と共に、自分自身の心と体の状態にも敏感でありたいものです。リフレッシュ研修は、精神専門看護師が一緒に過ごし、仕事の壁に突き当たったりストレスを感じた時などに、講義、研修、語り等で気持ちの整理をするためのよいきっかけを与えてくれます。
特徴的な研修制度があれば、具体的に教えてください。

大野直子さん

教育担当師長

1994年東京女子医科大学看護短期大学卒業、1998年より横須賀共済病院入職。CCU、病棟勤務後、2011年、神奈川県立保健福祉大学看護実践教育センター教員・教育担当者養成課程を卒業。同院に戻り神経内科の主任を経て、看護管理科で教育担当師長として院内の集合教育の企画、運営を行っている。知識・技術を身につけてもらうだけでなく、日々の実践から看護のやりがいや楽しさにつながる研修を心がけています。

この病院をもっと知りたい
  • 資料を請求する
  • 病院の詳細を見る