> 特集【399床以下の病院の魅力に迫る!】>西横浜国際総合病院

特集 399床以下の病院の魅力に迫る!

あなたが目指す看護を、とことん、全力でサポートします

西横浜国際総合病院

188床

魅力その1

看護師の一生はデビューで決まる。

「私は、学生や新人看護師が何に悩んでいるかをよく理解しているつもりです。なぜなら、大学病院での教育担当と看護学校での教員経験があるから。最近は、実習のしばりが厳しくなり実践が極端に減ったため、技術に不安を抱えている人が増えているのではないでしょうか。せっかくやりたい看護がみつかったのに、配属先で思うように成長できず、志半ばで退職する人が多くなっているように感じます。それには職場環境を提供している病院の責任もあると思っていますし、非常に残念なことです。
看護師の一生はデビューで決まります。どれだけ委縮しないで目指す看護の一歩を踏み出せるかが、その後の看護師人生を左右します。だから当院は、あなたの目指す看護ができるよう、希望部署へ配属し、個々の価値感やペースを尊重します。技術についても入職してからマスターできるという考え方で、焦らずのびのびと育てていきます。こうした体制が、数年間続く新卒者の離職率の低さにもつながっていると思います。やりたい看護とやる気、この二つがあれば大丈夫。その目標を実現できるよう、当院は全力でサポートいたします。」(看護教育課師長 河端みのり)

少人数だからこそ一人ひとりを尊重し、濃く、深く、丁寧に。

入職後、環境に慣れる間もなく、すぐに病棟勤務に就くのは戸惑いが多いものです。当院は、配属前に技術研修やローテーション研修などを行い、技術と自信をつけてから配属先でやりたい看護に取り組める体制を整えています。配属前のローテーション研修は、内科系・外科系・特殊系を2週間ずつ約2ヶ月かけて回ります。仕事の流れや患者さんの状態を把握して、他部署のスタッフとも交流を深めるとともに、自分の部署や自分の看護の役割について知ることができるようになります。それが看護を実践する際のゆとりにつながるのです。
配属後も一人ひとりの個性やペースを大切に、1対1で育てていく手厚いフォロー体制ができあがっています。年齢の近いプリセプターNSは、新人の気持ちが手に取るようにわかるので、何でも相談してください。技術は経験豊富なアソシエートNSが自信がつくまでしっかり指導。さらに、課題や悩みは家に持ち返らず週1回集まる場を設けるので職場でクリアできます。新人看護師と私とで気軽に話せる意見交換の場も設け、個々人に目を配れるのは少人数の病院の魅力です。また、ラダーのための院内外研修も充実し、院外研修は日勤扱いで費用は病院が負担します。「新人看護師は当院の看護を担う宝」という思いで、目標を持ってがんばる人を大切に育てていきます。

  • この病院をもっと!説明会に行く
  • この病院をもっと!病院の詳細

特集TOP PAGE TOP