看護部紹介

『ハートが伝わる手と、心にふれる温かさと』が、
看護部のキャッチフレーズです!

看護部は『ハートが伝わる手と、心にふれる温かさと』を合言葉に、地域に開かれた病院として、住民の皆さまの身近で、安心・信頼のある医療と看護を実践しています。 病気なったらではなく、病気にならないように、あるいは、子どもの頃から健康を考え、医療・看護に興味をもっていただけるように、情報発信基地になりたいと考え、実践しています。
地域の皆様がいつでも訪れることができる病院となれるよう、日々努力しております。

【看護部長から】
私たち看護師が成長を続けるために、大きな原動力となるのが「患者さんの期待に応えたい」という熱い想い。そのような、病気に苦しむ人に寄り添う豊かな感受性をもった看護師の皆さんと出会い、その成長を全員で応援したい。それが、関越病院看護部みんなの想いです。(長田佳予子)

看護部長/長田佳予子