独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO) 人吉医療センター

所在地: 熊本県
病院形態: 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
募集職種: 看護師
看護師数: 310名 病床数: 252床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

135年の歴史と設立の経緯を忘れず全人医療を提供します

最新イベント情報(2023/11/22更新)

新卒採用情報(2025年4月入職)※各種タブを選択

病院からのメッセージ

当院は、全人医療を病院の理念とし、救急医療・がん診療・予防医療の3本柱を中心に、地方でありながら、高度で質の高い医療を提供できるよう日々研鑽しています。認定看護師・専門看護師資格取得のための支援体制があり、現在12分野18名の認定看護師が在籍しています。また2019年より診療看護師(NP)も誕生し、診療看護師として各診療科の患者の担当や、手術介助など、多方面で活躍しています。また、診療看護師や認定看護師による研修はより質の高い看護師の育成に貢献しています。2021年には特定看護師も誕生しました。近年、道路等の整備により宮崎県や鹿児島県からも救急搬送が増加、また病院新築に伴い屋上にヘリポートを設置した事でスムーズな患者受け入れが可能となり、県を越えた地域の基幹病院となっています。

看護部長からのメッセージ

看護部長挨拶

当院は、JCHO看護師キャリアラダーに基づき、新人から経験を積み、レベルを上げていく教育プログラムを導入しています。特に新人看護師は、4月に集中研修を実施しその後、年間を通して研修会を開催しています。特にメンタルヘルス研修は学生から社会人になり、働きながら学ぶ事や対人関係など、様々な不安に対し産業医や臨床心理士からの教育環境を整備しています。また、手術室や救急外来・HCUなど部署外実習により、解剖生理の理解、周術期看護、フィジカルアセスメント能力の向上などが身に付きます。是非見学にお越し下さい。

先輩看護師からのメッセージ

小林看護医療専門学校卒業
O.Nさん

先輩ナースより

入職1年目は不安で戸惑う事ばかりでしたが、実地指導者を中心に、丁寧な指導がありました。
また、パートナーシップ看護提供体制により、1人で不安を抱え込まず、安心して看護の実践ができます。
患者さまからの感謝の言葉で自信がつき、看護師としての喜びを実感できる場面が沢山あります。
私たちと一緒に看護師として働きませんか?

病院概要

病院形態 公的病院(国家公務員、独立行政法人、赤十字等)
開設者 独立行政法人地域医療機能推進機構
開設日 平成26年 4月 1日
院長名 木村 正美
看護部長 渡辺 朋子
病床数 252床
急性期一般218・感染4・緩和ケア30
職員数 545人(うち、看護職員数310人)
患者数 外来:350人/日 入院:200人/日
診療科目 内科、脳神経内科、血液内科、呼吸器科、消化器科、内分泌科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、呼吸器外科、消化器外科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、形成外科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、婦人科、乳腺外科、救急科(ICU含む)、糖尿病・代謝・内分泌内科、血管外科、病理診断科、腫瘍内科
センター・施設 予防医療センター
看護体制 急性期一般(7対1看護配置)
看護方式 固定チームナーシング
機能別看護
デイパートナーシップ看護体制
認定看護師 認定看護師が活躍しています
がん化学療法看護、がん放射線療法看護、感染管理、緩和ケア、救急看護、集中ケア、手術看護、糖尿病看護、乳がん看護、認知症看護、脳卒中リハビリテーション看護、皮膚・排泄ケア 、 13分野、18名在籍
病院所在地 〒868-8555 熊本県人吉市老神町35
アクセス JR人吉駅より徒歩15分
URL 「独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO) 人吉医療センター」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 -

教育体制・研修制度

新人研修

看護師キャリアラダー

当院のキャリアラダーは、組織人・医療人としての基本的姿勢と態度を備え、看護の専門職として必要な3つの能力(看護実践能力・組織的役割遂行能力・自己教育)を重視した人材育成と仕事を通した自己成長を活かすシステムです。

看護の専門性をもち、チーム医療および地域との連携の中で役割を発揮し、看護師として成長するあなたをしっかりサポートします。

卒後臨床研修としての年間教育計画

集合研修や部署内研修の実施

新卒看護職員研修は、1年かけて集合研修と配属部署でのOJTで目標を達成できるように計画しています。
またメンタルヘルス研修を4回実施し、新人看護職員同士が悩みを表現できるようなグループワークを行い、不安の軽減に努めています。

【新人看護職員研修の目標】
1.社会人としての基本的な姿勢や態度を身につける
2.指導を受けながら、基本的知識・技術を習得し、安全安楽に看護ケアが提供できる
3.チームメンンバーとしての役割が理解できる
4.看護に必要な知識・技術について主体的に学習できる

教育体制

部署全体で新人の指導・教育を実施

少しでも早くチームの一員として配属部署の環境や業務に慣れることを配慮し、各部署教育担当者は1名、新人看護師それぞれに実地指導者を1名ずつ配置しています。また各部署「チーム支援型」をとり、部署全体で新人の指導・教育を実施しています。
新人教育の基本姿勢は、看護部全体で新人を支えることです。新人の成長過程に合わせた研修と、先輩がしっかり指導・サポートをする体制で看護の基礎を習得していきます。

職場の雰囲気

9階病棟

忙しい中にも笑顔でお互いを思いやる環境

小児科、婦人科、泌尿器科、眼科、耳鼻科、代謝内科、総合診療科の混合病棟です。
人吉・球磨地域だけでなく、えびの・大口などの県境域からも、内科的治療だけでなく手術目的の患者様、幅広い年齢層の患者様が入院されています。特に高齢な患者様の入院が増加傾向ですので、退院後の生活を視野に入れて入院後早期に多職種で連携し、患者様と家族を支える看護の提供、安全で安楽な看護の提供ができるように取り組んでいます。
また、私たちは忙しい中にも笑顔でお互いを思いやり、感謝の気持ちを忘れず行動することを心がけています。当院の最上階の病室から見える人吉の四季も美しいですよ。

5階病棟

皆明るく元気で協力しあう環境

整形外科・脳外科病棟です。整形外科では、骨折や人工関節などの手術を受ける患者さん、脳外科病棟では脳出血や脳梗塞、脳腫瘍など中心に看護しています。私たちは患者さんやご家族の疾患や入院時の状態だけでなく、患者さんの背景や今後を考え「患者家族に寄り添った看護」を大切にしています。また医師や相談員、薬剤師、リハビリスタッフ、栄養士と連携を図り、スムーズに退院・転院できるように努めています。スタッフは皆明るく元気で協力しあう病棟です。また、脳卒中看護認定看護師や骨粗鬆症マネージャーなども在籍し、患者さんの回復を支援するための学習も積極的に行なっています。


この病院を見た人におすすめ!熊本県の病院