仁明会病院

所在地: 兵庫県
病院形態: 財団法人
募集職種: 看護師
看護師数: 90人 病床数: 310床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

地域の皆様が、安心して受診、入院できますように「真心のこもった医療」を提供し、健康と福祉の向上に貢献します。

2024年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

日本は今日、こころのケアが社会問題化し、精神医療の守備範囲は確実に広がっています。これは国民が良質な精神医療サービスを期待していることの表れともいえましょう。一方ニューロサイエンスの進化は目覚ましく、脳と心の統合、精神医学と身体医学の統合も夢ではなくなりました。このような時代のなかで私たちの使命は新しいニーズに合ったシステムを構築することにあると考えております。当院は今年で開院95年を迎えますが、よりよい医療を目指し、10年先20年先に目を向けて、これからの時代も職員とともに社会の変化に対応しながら先頭を走っていきたいと願っております。

看護部長からのメッセージ

メッセージ

新人の看護師の方にはプリセプターを導入し、1年間を通して指導を行い、年度末に受け持ち患者様の事例発表を行って、新人を卒業としています。2年目には他病棟で勤務を行う「院内留学」をしていただき、他病棟の機能を知っていただき、帰属する部署の役割を明確化していただいています。また、平成13年から各病棟が毎日カンファレンスを継続しており、病態の理解や他職種との協働の場としています。

院内研修会では、精神科疾患や認知症に関する研修はもちろんのこと、精神機能と身体機能が相互に関連することを踏まえ、フィジカルアセスメントや救急看護に力を入れています。同法人の「精神衛生研究所」では多くの研修会を開催しており、キャリアアップに活用していただきます。また、日本精神科看護協会や他団体の研修会の活用、学会発表にも積極的で様々な学会に参加して発表を行っています。

患者様にエビデンスのあるケア提供を行うための自己学習を一緒に考え、そのケアを通してキャリアアップし自己実現していただくことを大切にしています。当院は、職員・患者様のダイバーシティ(多様性)を尊重し、地域から必要とされる病院に変革し続けることができる人材育成を目指します。

先輩からのメッセージ

2年目
小嶋 千尋

先輩からのメッセージ

〇入職を決めた動機・理由は?
・一般科で働いていた時から、精神科で働きたいという思いがあり、急性期~慢性期まで幅広く学べる職場に魅力を感じました。

〇当面の目標を教えてください
・入職時、受け持ち患者さんとの信頼関係を築けて感動しています。今後もっと精神科看護を学んでいきたいと思います。

〇職場の雰囲気は?
・わからないことがあっても先輩方が助言をくださるし、プリセプターもついているので聞きやすい雰囲気です。忙しいときも声を掛け合って助け合いながら仕事ができる環境です。

病院概要

病院形態 財団法人
開設者 森村安史
開設日 昭和56年6月22日
院長名 森村安史
看護部長 大塚 恒子
病床数 310床
職員数 230人(うち、看護職員数90人)
患者数 入院:222人/日
診療科目 精神科、内科、歯科、皮膚科
センター・施設
看護体制 15:1 (急性期治療病棟13:1)
看護方式 チームナーシング
病院所在地 〒662-0001 兵庫県西宮市甲山町53番地20
アクセス 1.阪神電車「西宮駅」発、阪急電車「夙川駅」経由
2.JR・阪急電車「宝塚駅」より職員専用送迎バスあり

阪急・阪神バス「甲山墓園」バス停より徒歩3分
URL 「仁明会病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 園田女子大学・梅花女子大学・甲南女子大学・摂南大学・西宮医師会看護専門学校

教育・研修制度

新人研修

看護部理念

患者様の自立性を支え、その人らしさを尊重した看護を創造する

教育目標

教育・研修制度

1.地域に根差した精神科病院として、専門的で質の高い精神科看護・認知症看護が提供できる看護職を育成する
2.地域移行への支援を行い、精神障害や認知症の予防活動の取り組みができる看護職を育成する
3.社会人として、専門職として将来像を構想し、自律した自己啓発が図れる看護職を育成する

院内教育計画のコンセプト

教育・研修制度

1.日々の業務で関連する法律を知り、倫理観を持った責任ある行動がとれる
2.専門職として根拠に基づいた知識・技術の習得ができる。また、その機会に積極的に参加できる
3.理論と実践の統合でき、看護実践の場において質の高いケアが提供できる
4.自らの実践能力を知り、個々にあった学習や研修の場に参加することでキャリアアップが図れる

基礎看護技術

教育・研修制度

新入職者研修にてリネン交換や排泄の援助、採血、静脈点滴注射など体験学習を行います。
看護主任が中心となって指導します。

急変時対応研修

教育・研修制度

急変時への対応に備えて隔月にシュミレーターを使用しBLS、ALSを体験し学びます。

業務改善報告会

教育・研修制度

各部署で取り組んだ業務改善の成果を「業務改善報告会」と称した発表会で毎年年末に開催しています。優勝目指して感動あり、笑いありの工夫を凝らした発表で大盛況です。

職場の雰囲気

先輩からのメッセージ

村上 亜美

〇入職を決めた動機・理由は?
・一般科で勤務をしていましたが、精神看護に興味があり、急性期~慢性期の症状や治療を学べる環境と思ったからです。
・デイケアや訪問看護と連携し、地域に戻った患者さんへの継続的な看護も学べると思ったからです。

〇精神科看護のやりがいとは?
・時間にゆとりがある分、患者の思いを聞く時間が取れたり、少しの変化に気が付きやすく、日々のケアに個別性が出しやすいところと思います。
・自分ではうまく考えがまとまってなかったり、SOSを言葉に出せないもどかしさ、孤独感を抱えた患者さんに対して、様々なコミュニケーション方法を使いながら思いの表出につなげられた瞬間にやりがいを感じます。

〇実際に働いてみてどうでしたか?
・薬剤での治療だけでなく、日々の生活から患者の困っていることや不安なことを一緒に確認し、
患者の強みを活かしながらどのように看護介入していけばいいのかを考え実践できることにやりがいを感じます。
対応に正解がない分、他の看護師の考え方なども勉強になることが多いと感じています。

先輩からのメッセージ

浅田 早紀

〇仁明会病院に入職を決めた理由は?
・精神科看護に興味があり、自宅から通勤できる仁明会病院に入職を決めました。
 見学会、インターンシップを経て、自分の目指す看護ができる病院であると感じました。

〇入職しての感想は?
・インターンシップを受けたので、入職前後で大きなギャップはありませんでした。プリセプター制度はありますが、どの先輩方も親身に相談に乗ってくださり、様々なことを指導してくださいます。そのお陰で毎日不安なく勤務することができています。院内研修や外部研修も充実しており、自分が成長できる病院だと思います。


この病院を見た人におすすめ!兵庫県の病院