名古屋市立大学医学部附属 みどり市民病院

所在地: 愛知県
病院形態: 大学病院(国立・公立・私立)
募集職種: 看護師
看護師数: 180人 病床数: 205床
  • 2交代制
  • 奨学金制度
  • 三次救急
  • 認定・専門
  • 資格取得補助
  • 寮・住宅補助
  • 保育施設
  • 退職金

令和5年4月より、名古屋市立大学医学部附属病院に生まれ変わります。
急性期から回復期までの幅広い医療を提するとともに、患者さん一人ひとりに寄り添いながら、最善を目指す看護を実践していくことができます。

2024年4月入職者向け情報※各種タブを選択

メッセージ

地域の健康未来を創造する、健康と暮らしを支える地域密着型の大学病院です!

当院は、令和5年4月に名古屋市立大学医学附属 みどり市民病院となります。
名古屋市内の5つの大学病院群や地域医療機関と連携し、“地域の健康未来と幸せの創造をめざす”地域密着型の病院に生まれ変わります。

名古屋市内で最も人口が多く、高齢者の増加も見込まれる緑区を中心とし、急性期から慢性期にわたる様々な医療を行っています。一般病床と地域包括ケア病床の機能を有し、患者さん・ご家族が在宅復帰に向けて安心して治療を受けることができます。幅広い医療を提供する地域密着型病院として、患者さん一人ひとりに寄り添い最善を目指す看護を実践していきます。

大学病院群の強みは、教育体制が充実していることです。クリニカルラダーに合わせた教育体制だけでなく、スペシャリストの育成(専門看護師・認定看護師・特定行為研修・診療看護師等)資格取得支援もより充実します。クリニカルラダーのレベルに応じた様々な研修やきめ細かな一人ひとりに合わせた成長支援を通し、ゆっくり着実にあなたの看護師としての成長とキャリア形成をサポートしていきます。

わたしたちの目指す質の高い看護を創造していけるよう、新しい病院づくりに参画しませんか。皆さんの力で新しい病院・看護部を一緒につくっていきましょう。


看護部モットー
【人と人を結ぶ 笑顔】
その人らしい生活を見据え、安心して療養生活が送れるよう
地域と連携し、笑顔につなげます

【地域の健康と暮らしを支える 力】
個人や地域のニーズに対応し、人々の健康と暮らしを支える
自覚と誇りを持ち、選ばれる病院を目指します

【寄り添う看護を実践する 創造力】
学び続ける姿勢を持ち、広い視野で情報を捉え、
一人ひとりの思いに応える専門性の高い看護師を目指します

【互いを尊重し合う 和】
チーム医療の要として信頼できる仲間と協働し、
多様性を認め合い、働き甲斐のある環境をつくります

※大学病院化にともなう事業拡大に向けて、下記の採用を行っています。
・令和3年~令和4年度の経験者採用(正規、契約、パートタイム)
・2023新卒看護学生さんの採用試験

看護部長からのメッセージ

看護部長
松本千佳子

地域の健康未来を支える大学病院で、ぬくもりのある看護を一緒に実践していきましょう

名古屋市立大学医学部附属として新体制となる当院看護部は、高い倫理観を持ち、健康と暮らしを支える温もりのある看護を実践できる看護師を育成していきます。

看護方式は、固定チームナーシングで継続性のある看護を行いながら、日々の実践ではパートナー制を取り入れています。先輩看護師とペアで行動・協働することで、先輩看護師の様々な看護スキルを間近で学び、見守りのもとで安心して実践していくことができます。エビデンスに基づいた看護技術を習得し、個々のペースに合わせた成長を支援していきます。
豊富な経験を持つ看護職員が多いメリットを活かし、先輩看護師の手厚いサポートを得ながら、一人ひとりのペースに合わせ、看護実践力がついてから夜勤やリーダー業務に取り組むことができます。

〇一般病床の看護
総合病院の中で、幅広い疾患の看護とスキルを身につけていくことができます。2次救急から段階的に力をつけていき、スキルアップを目指したいタイミングで大学病院群内の高度急性期にチャレンジすることもできます。

〇地域包括ケア病床の看護
一人ひとりの患者さんとじっくりと関わる中で、看護を展開できます。しっかりした教育体制のもと老年看護や認知症看護、在宅移行支援など、より地域に近い場面の看護を展開できます。

病院概要

病院形態 大学病院(国立・公立・私立)
開設者 名古屋市立大学
開設日 令和5年4月
院長名 浅野 実樹
看護部長 松本 千佳子
病床数 205床
稼働病床 205床
一般病床(7:1) 100床
地域包括ケア病床 105床
職員数 330人(うち、看護職員数180人)
患者数 外来:230人/日 入院:160人/日
診療科目 内科、神経内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、内分泌科、小児科、外科、小児外科、整形外科、脳神経外科、心臓血管外科、呼吸器外科、消化器外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、眼科、産婦人科、健康診断科 救急科 麻酔科 ※令和5年度4月に向けて調整中のため、多少変更が生じる可能性があります
センター・施設
救急指定 二次救急
看護体制 急性期病棟:7対1
地域包括ケア病棟:13対1
看護方式 固定チームナーシング
日々の実践では、パートナー制を取り入れています
認定看護師 認定看護師が活躍しています
感染管理、集中ケア、摂食・嚥下障害看護、他 、 認定看護管理者  大学からの異動に伴い若干の変更が生じる可能性があります
病院所在地 〒458-0037 愛知県名古屋市緑区潮見が丘1-77
アクセス ・名鉄名古屋本線『鳴海駅』下車(徒歩15分)
・名鉄バス・市バス『緑市民病院』下車
・地下鉄『鳴子北』下車→市バス『緑市民病院』下車(乗車9分)
URL 「名古屋市立大学医学部附属 みどり市民病院」のHPへはこちらをクリックしてください。
採用実績校 名古屋市立大学、愛知医科大学、朝日大学、岐阜医療科学大学、椙山女学園大学、中京学院大学、人間環境大学、
愛知県厚生連加茂看護専門学校、愛知県立総合看護専門学校、安城市医師会安城碧海看護専門学校、えきさい看護専門学校、公立瀬戸旭看護専門学校、トライデントスポーツ医療看護専門学校、地域医療機能推進機構中京病院附属専門学校、中部労災看護専門学校、名古屋医専、名古屋市立中央看護専門学校、西尾市立看護専門学校、東三河看護専門学校、尾北看護専門学校、まつかげ看護専門学校、三重中央医療センター附属三重中央看護学校、弥冨看護学校、愛知県立桃陵高等学校、など
【理念】 私たちは専門職として高い倫理観を持ち、健康と暮らしを支える温もりのある看護を提供します
【基本方針】 1.一人ひとりの最善を目指した安心で安全な看護を提供します
2.地域のニーズに対応した質の高い看護を提供します
3.主体的に学び続ける専門性の高い看護師を目指します
4.お互いを尊重し、笑顔あふれる健全な職場環境をつくります

教育・研修制度

新人研修

新人教育プログラム

集合研修と職場内研修(OJT)を連動させたプログラムで、効果的な知識・技術の習得をサポートしていきます。
病棟には、教育担当者、実地指導者を配置。
集合研修から始まり、先輩の看護の見学、指導中心のシャドーイング、指導・支援でできることを増やしていくフォローイング、支援を受けながら独り立ちするサポーティングの体制で、新人個々の成長に合わせて担当者だけでなくチーム全体で支えます。

新人フォローアップ研修

看護師1年目の大切な1年間を仲間とともに成長しよう

リフレクションを中心に、仲間とグループワークします。
7月 フォローアップ研修Ⅰ
入職3か月を振り返り、社会人基礎力を発揮し自己の成長につなげるための具体的な行動目標を考えます。
10月 フォローアップ研修Ⅱ
入職6か月を振り返り、自己の思考の傾向に気づき現状の課題を整理し具体的な行動を考えます。
3月 フォローアップ研修Ⅲ
1年の成長を振り返りながら2年目にむけた課題を見出します。

クリニカルラダー

多彩な研修を通して成長をサポート

JNAクリニカルラダーに基づいた「みどり市民病院 キャリアラダー」を作成。
キャリアラダーの実践能力や管理的能力を修得できるように多彩な研修を実施していきます。

キャリアデザイン

あなたはどんなキャリアプランを描きますか?

〇大学病院群の専門看護師・認定看護師によるセミナーを開催。
興味ある分野や専門性を高めたい分野の研修を選択して受けることができます。
〇資格取得支援
スペシャリストや様々な資格を目指すための支援制度を整えています。


この病院を見た人におすすめ!愛知県の病院